2006年01月18日

私の好きだった水族館

もう二十数年も前の話です。私が子供の頃、よく行っていた水族館がありました。
水族館と言っても、イルカが飛んだり、ラッコの餌付けがされていたり、その歳の干支にちなんだ珍しい生き物のイベント展示がされていたり、映画やアニメ等で“子供たちの人気者”にされた生き物がいたり、目を見張るような大型水槽があったり、遊園地やゲームセンターや土産物屋が併設されていたりするものではなく、単に薄暗い室内に、そこら辺に普通にいる様な淡水の生き物が、そこら辺で普通に売ってる様な水槽に入れられているだけのものでした。

水道局だったかの試験センターみたいな施設内の、そのまた一角に、ほとんど地元の人間にさえ知られず、ひっそりと存在していた水族館。
係員の人が親切に生き物について説明してくれることもなく、愛想もくそもないオジサンが、入場料の100円(当時の子供にとっては安い金ではないです)を受け取るだけ。
それでも、私はそこが大好きでした。
水族館に何がいたか、もうほとんど忘れてしまっていますが、フナとかコイとかタナゴとか、他にショックンとか、ザリガニとか、ライギョやナマズもいたはずです。

その水族館の何が好きだったのかというと、実は、水族館の“そこら辺にいる様な生き物”が、本当に、そこら辺にいたんです。ザリガニやカメやメダカなどが採れる池や、カエルや雑魚のたくさんいる用水路や、田んぼや川などが、その水族館の近くにあったんです。
私や友人は、まず水族館へ行き、そこの水槽を眺め、「おう! ライギョかっこええなぁ。捕まえたいなぁ」とか「このザリより、もっとでっかい真っ赤なん採ろうぜ」などとモチベーションを上げてから、生き物をつかまえに行ったのです。
当時は今のように何でも手に入るわけではなく、もちろん“初心者用飼育セット”なるものもなく、味も素っ気もない四角い水槽やプラケースなどに、そこら辺にいる生き物を入れて飼っているだけでしたが、私はとても幸せでした。

最近では、当時の私が目を輝かして憧れたような珍しい外国産の生き物でも、(金さえあれば)簡単に飼えるようになりました。
そんな恵まれた環境にいる、今の子供たちに、私の感じた幸せが通じるのかどうかは解りません。それどころか、「ええ? つかまえに行くの? 面倒くさぁ」と言われる恐れさえあります。
それでも、私は、私の好きだった水族館と同じものを、つまり施設としての水族館ではなく、生き物と触れあう切っ掛けになる様な、生き物好きの梁山泊になりえる様な、心の拠所としての水族館を作ってみたいのですよね。
posted by プアマリナ at 14:53| 沖縄 ☔| Comment(16) | TrackBack(1) | 海水魚飼育とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月11日

篠山種族♀(多分…)

逃げ出そうとしてモガキ苦しんでる様に見えますが、特に本人は苦しんでいません(~_~;)
と言って、別に餌をおねだりしている“可愛いポーズ”というわけでもないのですよね。登ろうとしているのは「そこに壁があるからだ!」(ホントか?)

実際、登るでもなく、降りるでもなく、このイモリはしばらくこのポーズでボーッとしてました。ひょっとすると水が冷たすぎたのかもしれません。ヒーター着けてないので…。
飼育者としては、「お、腹の模様を撮るチャンス!」と喜んで撮ってますが、考えると少し気の毒なのかもm(_ _)m

天然下では、もちろんこの時期のニホンイモリは泥中などで冬眠しています。飼育下でも繁殖を狙うには強制的に冬眠させた方が良い様なのですが、我家では昨冬も冬眠させてないし、真冬でも普通にしてたし、今冬の厳寒でも餌喰いはむちゃくちゃ良いし、もともと判りづらい表情した生き物だし…。
ということで、普通に飼ってます。
爬虫綱の生き物なら、これだけ寒いと動けないし、たとえ餌を食べても消化できないはずなんだけど、両生綱の身体って、どうなってるんでしょう。って言うか、同じ両生綱でも、カエルだったら動けない様な気がするが…。
posted by プアマリナ at 13:38| 沖縄 ☔| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月21日

カクレクマノミと金魚の混泳に成功? はあ(-_-メ)

某地方のローカルニュースで流れたネタだそうで、詳細等不明ですので伏せ字で書きますが、ニモの人工養殖成功 → 大量流通 → 値崩れ → 石垣島に放逐という地球にとっての大逆を為した、あのO県の専門学校が、今度はカクレクマノミの淡水化に成功したとかいうそうです。
ニュースを見た人の話では、水槽の中で金魚とカクレクマノミが一緒に泳いでいる映像が流れていたそうです。
金魚と海水魚が一緒に泳ぐ絵というのは、昔からあるトリックなんですけど、それとはまた別なんでしょうか。
一般に多くの海水魚は、徐々に訓化していけばある程度の低比重に順応します。スズメダイ科の魚は、その中でも特に汽水への順応性はあると思います。
他方、鯉や鮒といった魚は、水質の変化にはかなり強い魚で、河川によっては汽水域にも進出していますから、これも訓化していけば、半海水ぐらいの水なら普通に生きているでしょうね。
だから、鯉や鮒と海水魚が一緒に泳ぐという水槽は、別にケッタイなミネラルやらクラスター水やら使わなくても実現可能です。急激に放り込んで鰓を痛めたり、phショックといったことさえ避ければ。
但し、それは当分の間という意味です。どちらかの魚が腎機能障害で死ぬまでの間です。

ところで、この専門学校は実験用のカクレクマノミを売るほど生産していますので、マスコミ用の絵面はすぐに造れます。湧いて出た小魚の100匹や200匹の命ぐらい虫けらほどにも感じていないでしょうから、ひょっとすると多くの犠牲を払いながらも、低塩分に強いカクレクマノミの純粋培養といったことも可能かもしれません。
だから、一概に「トリックだ!」と喚き立てるのも憚られるのですが、私が解らないのは、自然界ならイソギンチャクを離れては一日と生きていられないカクレクマノミを、淡水に順応させて何の意味があるのかということです。もちろん世間に流通する多くの海水魚が命を落とす白点病。低比重での育成が可能であれば無菌(虫)魚の流通が可能になるかもしれませんが、アクアショップの店頭で他の廉価な魚と混泳させた瞬間、元の木阿弥ですからね(^_^;)

一方で、汽水魚とか淡水魚の扱いで流通させるという可能性もありますが、これについても甚だ疑問です。
例の“ニモブーム”以前には、「海水魚は淡水魚よりも難しい」という認識がアクアリストの間には普通にあって、そのために淡水カレイだとか淡水オコゼだとか、元々海にいる種類の魚を淡水魚扱いで売るという風土がアクア業界にはありました。
淡水○○というインボイスネームで売られる魚には、実際に純淡水棲の魚である場合や、稚魚の時に汽水域に進出する海水魚を訓化したもの等、色々ありましたが、その過半はずっと淡水で飼い続けていれば短命に終わるというのが一般です。
淡水(あるいは汽水)に訓化したカクレクマノミの場合はどうなのでしょう。

で、また件のニュースの話に戻りますが、この学校では鯛の淡水養殖ということを実験していて、「山奥でも鯛の養殖が可能になる?」ということが、このニュースの肝であった様です。
養殖魚業界でも海水性白点病の被害というのは甚大ですから、本当に鯛の淡水養殖が可能になるのであれば、それはそれで意義のあることかもしれません。
ただ、そのニュースの絵面として、金魚とカクレクマノミの混泳を持ってくるという、この学校とローカル局の料簡がさっぱり意味不明です。まして、この専門学校は“たくさんの反対意見”など一顧だにせず、カクレクマノミの自然界への放逐を行っている学校です。
もちろん放流個体と淡水訓化個体とは、当然、厳密な管理の元、きっちりと区別しているはずですが、それにしてもです。一方で魚の形質的特徴の改変を行いつつ、他方で同種の魚の放逐を行うというのは、マッドサイエンティストの発想ではないのでしょうか。
私の感覚では、マッドサイエンティストってのは秘密の実験室などでコッソリと地球征服を目論んだりするものだと思うのですが、この学校は頭の○○なマスコミを大々的に使って、また無垢な若者たちの汗と涙まで出汁にして、美談の捏造に余念がないのですよね…。
奇妙な世の中になったものです。
posted by プアマリナ at 12:13| 沖縄 ☀| Comment(8) | TrackBack(0) | 海水魚飼育とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月08日

時至れり?

卜筮など信じない私ですが、占星術では今年はどうやら達成の年に当たっていたということが判明しました。
今年なんて、あと数日しかないのに、今さら判っても遅い!
とは言え、年頭から判っていたとしても何かが達成できた可能性はないのだが(~_~;)

ちなみに来年は乱気
新たなことを始めてはイカンらしいが、赤手で水族館を作るなんぞという大乱を為すには絶好の年であるかもしれないぞ(?_?)

しかし、一個の人間様の人生を、しかも一年毎などという短いスパンで12種類にパターン化されて、納得するわけにもいかないよな、普通。
posted by プアマリナ at 12:21| 沖縄 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月30日

Deca-J水族館のテーマ

協賛(?)するにも協力しようにも、言ってることが難解だ。狷介だ!居丈高だ!という、ご意見をもらいましたので、もっと簡単にテーマを設けてみました。
以前の私を知っている方には、もうお馴染のテーマです。『親と子と、人と自然とのコミュニケーション』。児童文学関係もこれをテーマにしていましたが、Deca-J水族館の構想もこのテーマを踏襲しています。
基本は“親は子供を連れてきなさい”と“子供は親を連れてきなさい”です。
他人に子供を預けて親が知らんぷりなど、とんでもない。また子供を置いて親だけ遊ぶのも、とんでもない。その代わりファミリー割引を設けます。
例えば、入館料。大人500円、小人300円のところ、小人一人に付き大人一人まで無料(つまり親子なら二人で300円)といった具合に。
親は子供を連れていきやすくなるし、子供は親を誘いやすくなります。そこが狙いです。
> 詳細はこちら

実は、家族単位でキャンプなどに行ったとき、私は生き物を捕まえるのですよ。いつも。みんなが持って帰れるように。
子供たちは、そういうのを見て目を輝かせます。ところが親が「いやあ、飼うの大変だから」と断わるのです。昔っから親はそうでしたけど、最近は駄々こねる子供も少ないです。
これじゃ、我国の将来は絶望的だと思う訳です。
いや、何が何でも「野外に行ったら生き物を捕まえて持って帰れ!」という意味では、決してないですよ(^_^;)

2005年11月29日

聞きたいことがあるんだけど「怖い」と、お思いの方へ

反感だったら、黙って持っててもらって構いませんけど(^_^;)
Deca-Jへのご質問等は、ご遠慮なくどうぞ。
このブログ右肩のメアド(個人アドレスです)でもかまいませんし、むしろこちらはSpamが多すぎてレスが遅れる可能性がありますので、Deca-Jの質問フォームからでもかまいません。
こちら↓
http://decapod.or.tv/inquiry/post.html

当方、会員・ML会員以外からのご質問を拒否している訳でもありませんし、(悪質な業者やアフィリエイト含む広告やSpamを除けば)どなた様からのご質問でもお答えしています。
「妙なメールだ!」って晒したこともないですしね(^_^;) 守秘義務は負っていますので…。
Deca-Jの方のMailtoタグがJSになってるのも、単なるメアド収集ロボット対策ですので、別に“恐ろしいプログラム”が隠されている訳ではありません。

2005年11月16日

常設&移動水族館「魚はいません」事業計画書

[まずは採集ツアーから開始]
2、3台のバンでキャラバン組んで、磯採取ツアーに乗り出すです。
Tヨタ自動車辺りが、ハイブリットカーのバンでも協賛してくれれば、やりやすいんですけどね。
全国津々浦々、Tヨタのハイブリットカー連ね、「Deca-J水族館はTヨタ自動車様のご協力により運営しています」と大書されたキャラバン部隊が走り回るわけです。
もちろん移動水族園のキャラバンも同様。全国のナチュラリストを目指す子供たちの笑顔のため、Tヨタ協賛キャラバン部隊は今日も行く!
Tヨタのイメージアップ間違いなし。

[常設水族館は、やはりT中市に]
そう、私の地元です。
財政難で潰すも建て直すもママならない遊休施設ぐらい腐るほどあるでしょうから、そのウチの一つをですね、チョビッと(無料で)貸してもらえれば、尚且つ、ホンのチョビッと助成金など賜れば、あら大願成就。
T中市にも“立派な水族館”が完成! 地元の雇用促進にも最適ですがいかが?
T中市が全国にその名を轟かす日も、遠くはない!
注:私の実家があるS田市でも良いですよ(^_^;)

[水族館の器材は身軽です]
タンクは、120センチ3、4本に、90センチ5、6本、それに60センチ10本もありゃ充分でしょう。あとはポンプや濾過装置やヒーター等がいりますが、熱帯の生き物や魚は展示しないんだから、そう大した物は必要ありません。
TモフジとかKトブキ辺りが協賛してくれれば、やりやすいんですけどね。何なら新製品のモニタリングも兼ねましょう。
水族館の水槽一本一本に「Deca-J水族館はTモフジ様のご協力により運営しています」と掲げられ、尚且つ、全国の店頭のTモフジ製品に、「この製品は十脚目通信が責任をもって、生き物が飼えることを証明しました」と、Deca-Jマークまで付けられるわけです。
Tモフジ製品の売上アップ間違いなし。


うーん。完璧な事業計画書だ(^_^;)
これ見て、協力したくてウズウズしてきた法人はありませんか? こちらからお願いに上がる前に、自発的にご提案いただいた方が、更にイメージはグッと上がりますよ。
え? お前が偉そうだからイヤだ?
ご心配なく。たかが夢語ってるだけなんですから、現実の本人はムチャクチャ腰低いですよ。毎日米つきバッタのようにヘイコラして暮してます(-。-;)
興味のある方は、↓こちらへ。(って、米つきバッタに、じゃないですよ)
http://decapod.or.tv/shell/fish.cgi

2005年11月11日

飼育者はナチュラリストだ!

と、いきり立つようなことではないのですが、所謂「自然は自然のままが良いんだ」系の方々からは、我々飼育者ってのは蛇蝎のごとく忌み嫌われてます。
私の場合は、自然下で平穏に暮してる(と一部の人は信じて疑わない)生き物を、無理矢理捕まえる採集ということまでやってますので、五十歩百歩とかメクソハナクソとかいうレベルでなく、超極悪人の様に思ってる方もいるでしょうね(^_^;)

いえ、別に「自然には一切手を触れるな(往々にして、目もくれるな)」と宣う方々に物申そうという訳ではありません。
問題は、その環境保護活動家(?)に成り済まして、あるいは標榜して、「飼育者が生体販売業者を批判するのは片腹痛い」と言って回る連中がいるということです。
飼育者が、業者の不義を詰ると、必ずどこかからこの手合が現れます。しかもこの方々が業者に何か言うことは、不思議とありません。
はて…。
この方々にとっては、生体販売業者は“自然とふれあうことの少ない人々のため、己を悪者にして生き物を販売する『本当は善良な人』”。そして、業者を批判する(って、私は批判したことないんですがね。環境に深刻な影響を与えかねない行為について、その行為のみ自粛するようお願いしたことはありますが)飼育者は、“己の悪事を棚に上げて、しかも何もしないで他者を誹謗する『偽善者』”。
そういうことなのでしょう。

ですが、「ちょっと待てよ」と私は言いたい。
自然とふれあうことの少ない人間が、店頭で販売されている生き物を購入して、それだけで自然環境に興味を持ちますか? しかもすぐに死なせてしまうような、いい加減な飼育セットとやらで短期間飼っただけで。
希少な生き物を“激レア”等と称し、高値で売ることが、本当は善良な業者のやることでしょうか?
あるいは、店頭で消耗品の如く陳列された生き物の、死屍累々たる様を見て育った子供たちが、次代を担うナチュラリストたりえますか?

この最悪の状況を是正するには、自然の観察者(傍観者じゃダメですよ)たる飼育者にしかできないのです。
飼育者でなければ見過ごしてしまう店頭での酷い扱い、飼育者でなければ解らない不適正な飼育方法、飼育者でなければ気付かない環境破壊行為。
これらについて、「ちゃんとやりましょう」と言えるのは、飼育者しかいないのです。

ということで、飼育者の立場から環境保全を訴求する水族館を設立したいのです。飼育者として「自分の考える適正な飼育方法を見せてやろうじゃないか!」と思われる方は、ご協力ください。
え? 難しいことはイヤだ? 自分が好きな生き物だけをこっそりと飼っていたい?
まあ、そう思うのは自然ですが、そうも言っていられない状況に、既になっていますよ。ご協力と言っても「金を出せ」とか「署名しろ」とか「抗議しろ」とか、そういうことは一切やっていませんので、何でも良いのです。
ご意見板を作りましたので前向きなご意見、アドバイスを、是非お願いします。
なんなら、代表者を代わってくれても良いですよ(^_^;)
posted by プアマリナ at 18:54| 沖縄 ☁| Comment(7) | 北赤道海流圏オカヤドカリ分布状況調査計画策定書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月07日

常設&移動水族館「魚はいません」

皆が、そこまで“癒し系”を主張するのなら、本当に十脚目水族館で人々、特に子供たちに癒されてもらおうじゃないかと、誰もやらないんなら私がやろうじゃないかと、そう思っています。
もちろん、人が癒される陰で、生き物たちの惨殺死体を大量生産していては意味がないので、長期間かつ真面目に生き物を扱い、更には飼育方法も色々と提案していこうと思っています。もちろん飼育マニュアルや図鑑も作りつつ、自然触れあいツアーも企画するつもりです。
個人宅で飼えない生き物や、個人では無理な飼育方法を提案しても無意味なので、水族館のキャラクターはペットショップ並になる恐れ有り? じゃ、誰も金払って見に来てくれないかな(~_~;)

と言うことで、無いのは資金と収益力です(^_^;)
志の高い企業からの協賛を心よりお待ちしていますが、個人の方からの寄付その他金額的な援助は募集しません。個人の方から寄付やカンパを受け付けない理由については、本サイト「十脚目通信」に掲げています。

ご相談、ご要望、ご質問等は、いつでも受け付けます。
あと、批判でしたら、既に“幼稚園児並の書き逃げ”から“尤もな主張だ!”というものまで、山ほど頂戴していますので、もう結構です(^_^;)
特に「密室でストイックな業者批判をするな(メクソハナクソだ!)」というご意見でしたら、せめて無料・入退会自由(しかも自己紹介無用)なMLに(一瞬でも)加入すれば読むことの出来るレポートを、お読みになってからお願いします。
当方、他者批判・中傷・誹謗、及びそれらに類する行為は全く行っておりませんので。

本サイト「十脚目通信」のURLは以下です。
http://decapod.or.tv/

2005年10月26日

群れで生活しているのではなく、群れているだけです

自己トラバです。誰も望みもしないのに騎虎の勢いで書いています(^_^;)
“オカヤドカリは自然界では群れで生活している”、実は、この表現からしてあまりにも欺瞞に満ちたものです。正しくは“オカヤドカリは自然界では群れて生活している”です。
“群れで”生活と言うと、猿の様にリーダーがいて、リーダーの統率の下に家族単位の群れを作り、ある程度の社会秩序を持ちながら暮しているイメージがあります。そして、確かにそういう生き物を単独で(群れから引き離して)飼育すると、寂しくて死んでしまうこともあります。
しかし、オカヤドカリはそうではありません。単に“群れて”いるだけです。生活場所が同じ、天敵から身を守るのに有利、繁殖の際に相方が見付けやすい…。要するに海の中で小魚が群れているのと同じです。
そして、海の中で群れている魚を水槽内に群れで入れると、必ず激しい弱いものイジメが始まり、最後には1匹になってしまうこともある。これは厳然たる事実です。
「え? オカヤドカリはむしろ昆虫に近い? バッタを複数飼育しても喧嘩しない? ギャフン(T*T)」
と言いながら、実は昆虫、それも樹液を主食にしている様なクワガタでも、飼育下で必須栄養素(タンパク質等)が足りなくなれば、手近にいる栄養素の塊、つまり自分の仲間を殺して食べてしまいます。ましてやオカヤドカリは多くの群れている魚と同じく、肉食もする雑食性です。

とはいえ、確かにオカヤドカリは脱皮時を除けば、複数で飼いやすい生き物です。あまりにも多数を同時に飼うのは、知的生命体の常識というレベルで最悪ですが、ある程度の大きさのある飼育ケースなら4、5匹ぐらい同時に飼うことが出来ます。基本的には(単独で縄張りを持たないため)争いを好まない生き物の様ですから。
但し、やはりこれだけはもっと突っ込んでおきましょう。天然下でもオカヤドカリは“群れで”生活してはいません。“群れて”いることはあっても、基本的には単独行動派です。天然下でのオカヤドカリを数年継続して観察している私は、そう断言します。お互いにある程度の距離を保ちながら暮しています。しかも誰が見ても実際に“群れて”いると思える状態になるのは、主に産卵期(つまり捕獲されたり、TV等で紹介されたりしやすい時期)です。

と、ここまで書いてしまうと、「オカヤドカリを虫けら扱いとは許さん!」ってな抗議が(別の方角から)飛んできそうな気もするので(^_^;)、補足しておきます。
天然下でのオカヤドカリは決して群れでいるわけではないですが、産卵期以外にも群れていることがある様です。一匹辺りには余分に大きい餌にありついた時などはもちろんですが、それ以外にもよく解らない理由で群れ集まって打ち騒いだりもするそうです。面白い生き物だといことには異存ありません。
また、飼育下で複数飼育していると、あっちから来たオカヤドカリとこっちから来たオカヤドカリが、ぶつかる一歩手前で止まり触覚を接触させて挨拶しているような行動をとることがあります。見ていて微笑ましい光景です。これも仲良くしているというよりはマーキングに近い行動だと考える方が合理的ですが、無用の争いを避けるためにしている行動ですから、挨拶といえば挨拶ですし、それをもって“オカヤドカリは社会性のある生き物だ”と言えないこともないです…。
虫けらとは違って、同種同士でコミュニケーションを取る生き物であることは間違いないですから(と言うか虫けらでもコミュニケーションは取り合うので)非道な消耗品扱いは、絶対にやめましょう。
posted by プアマリナ at 15:50| 沖縄 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | 海水魚飼育とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。