2005年11月11日

飼育者はナチュラリストだ!

と、いきり立つようなことではないのですが、所謂「自然は自然のままが良いんだ」系の方々からは、我々飼育者ってのは蛇蝎のごとく忌み嫌われてます。
私の場合は、自然下で平穏に暮してる(と一部の人は信じて疑わない)生き物を、無理矢理捕まえる採集ということまでやってますので、五十歩百歩とかメクソハナクソとかいうレベルでなく、超極悪人の様に思ってる方もいるでしょうね(^_^;)

いえ、別に「自然には一切手を触れるな(往々にして、目もくれるな)」と宣う方々に物申そうという訳ではありません。
問題は、その環境保護活動家(?)に成り済まして、あるいは標榜して、「飼育者が生体販売業者を批判するのは片腹痛い」と言って回る連中がいるということです。
飼育者が、業者の不義を詰ると、必ずどこかからこの手合が現れます。しかもこの方々が業者に何か言うことは、不思議とありません。
はて…。
この方々にとっては、生体販売業者は“自然とふれあうことの少ない人々のため、己を悪者にして生き物を販売する『本当は善良な人』”。そして、業者を批判する(って、私は批判したことないんですがね。環境に深刻な影響を与えかねない行為について、その行為のみ自粛するようお願いしたことはありますが)飼育者は、“己の悪事を棚に上げて、しかも何もしないで他者を誹謗する『偽善者』”。
そういうことなのでしょう。

ですが、「ちょっと待てよ」と私は言いたい。
自然とふれあうことの少ない人間が、店頭で販売されている生き物を購入して、それだけで自然環境に興味を持ちますか? しかもすぐに死なせてしまうような、いい加減な飼育セットとやらで短期間飼っただけで。
希少な生き物を“激レア”等と称し、高値で売ることが、本当は善良な業者のやることでしょうか?
あるいは、店頭で消耗品の如く陳列された生き物の、死屍累々たる様を見て育った子供たちが、次代を担うナチュラリストたりえますか?

この最悪の状況を是正するには、自然の観察者(傍観者じゃダメですよ)たる飼育者にしかできないのです。
飼育者でなければ見過ごしてしまう店頭での酷い扱い、飼育者でなければ解らない不適正な飼育方法、飼育者でなければ気付かない環境破壊行為。
これらについて、「ちゃんとやりましょう」と言えるのは、飼育者しかいないのです。

ということで、飼育者の立場から環境保全を訴求する水族館を設立したいのです。飼育者として「自分の考える適正な飼育方法を見せてやろうじゃないか!」と思われる方は、ご協力ください。
え? 難しいことはイヤだ? 自分が好きな生き物だけをこっそりと飼っていたい?
まあ、そう思うのは自然ですが、そうも言っていられない状況に、既になっていますよ。ご協力と言っても「金を出せ」とか「署名しろ」とか「抗議しろ」とか、そういうことは一切やっていませんので、何でも良いのです。
ご意見板を作りましたので前向きなご意見、アドバイスを、是非お願いします。
なんなら、代表者を代わってくれても良いですよ(^_^;)
posted by プアマリナ at 18:54| 沖縄 ☁| Comment(7) | 北赤道海流圏オカヤドカリ分布状況調査計画策定書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
アクセスアップを目的としたHP宣伝サイトを作りました。よろしければ御使用下さい。

HP宣伝スペースの他、
 ・アクセスアップに最低限必要なこと 
 ・ASP一括登録 ・ アフィリエイト収入報告例 
 ・Page Rank別ランキングサイト集  
 ・Page Rank別アクセスアップ系相互リンクサイト集 
なども紹介しております。

毎日当HPで宣伝していただければ、アクセスアップに貢献できるので幸いです。

宣伝.com
http://31043.ojaru.jp/
Posted by at 2005年11月11日 19:15
非常に哀しい。というか空気読めよ(`O´)
結局は、そういうのと同列に見えるのですか。
はぁ〜(T*T) もう情けなくて情けなくて、やる気失せます。
Posted by プアマリナ at 2005年11月11日 19:41
プアマリナさん、おはようございます。
私はどちらかというと、自然は自然のままに、という考えで、生き物も飼いたくない感性を持っていますが、プアマリナさんの言われていること、とてもよくわかる、というか共感しますよ。共感以上かもしれない。そう、プアマリナさんは正しい! です。お猿の救出をされている方が、『自分もただ可愛いというだけで、野生生物のお猿を飼い、こういう自分のようなものがいるから野生生物が人に売買されるようになった、自分が悲しい』と言われていました。私はその方を支援しています。人間は神の想像図に描かれているような完璧さを持って生きるべきでしょうか? そうじゃないですよね。

>この最悪の状況を是正するには、自然の観察者(傍観者じゃダメですよ)たる飼育者にしかできないのです。
飼育者でなければ見過ごしてしまう店頭での酷い扱い、飼育者でなければ解らない不適正な飼育方法、飼育者でなければ気付かない環境破壊行為。
これらについて、「ちゃんとやりましょう」と言えるのは、飼育者しかいないのです。

そうですよ。プアマリナさんの言われる通りですよ。何の問題でも、こうですよ。・・・と私は思います。私が自分の主張をするとき、やはりここを通って感じることからの考えや思いです。(主張の方向は人と違うとしても、です。)
頑張って下さいね。
Posted by マオ at 2005年11月12日 09:18
マオさん、ありがとうございます。
マオさんの存在、お言葉は本当にありがたいです。私なんかマダマダ。挫けてなどいられませんねp(^^)q
ペットを飼うヤツがいるからイカンという、正邪の二元論によるパラドックス。もう私は乗り越えました(^_^;)
ペットを飼うヤツなんてのは、有史以前から存在してるんだし、罪を感じた人たちが止めても、次々にもっと罪深いヤツが現れるんですから、それならいっそのこと、知識・良識・常識をもってペットを愛する人が増えた方が、いい加減な飼育者や悪質な販売業者が増殖するのを掣肘できるはずだと考えることにしました。
同じ云で、「どうせ人間のエゴなんだから目くそ鼻くそだ」という、達観した様なセリフで“自ら行動しないことの言い訳”をする連中にも、負けないことに決めました。
私は毎日、外来種のイネから採れた米を食べてますし、トウモロコシ好きだし、コスモスは綺麗だと思うし。甲殻類が好きだと言いながら、エビはアレルギーで食べられないけど、カニも経済的理由で滅多に食べられないけど、人間がそれを食べることに反対はしません。
でも、飼育生物としてのエビ・カニ・ヤドカリが消耗品扱いされるのは、反対です。
頑張ります!
Posted by プアマリナ at 2005年11月14日 14:26
放蕩息子です。
ようやく自分のサイトの「放流反対」のページを仕上げて、こちらに来ましたが…。
「宣伝.com」のコメントに爆笑(笑)。

いや、笑っては申し訳ないのですが、あんまりタイミングが良くて…(^_^;;。

しかしそれにしても、採集・飼育だけでは飽き足らず、“激減”した“可愛いニモ”を一生懸命増やすことにまで反対した上で、「繁殖させたクマノミは海水魚ショップに売れ!」なんてことを主張する私は、悪の権化か悪魔の使いか。世の中の善良なる“アームチェア・ナチュラリスト”の皆さんからしたら、不倶戴天の敵!と言われそうですわ(苦笑)。
こうなったら思い切って、「極悪同盟」でも結成しますかねぇ(爆)。
Posted by 放蕩息子 at 2005年11月14日 22:58
おう! 放蕩息子さん。良いですね、極悪同盟(^_^;)
今日、今結成しましょう。
しかし、お互い長い間、同じこと言い続けてますよね。いや、褒めてるんですよ。初めてお会い(?)してから今まで、決してブレない放蕩息子さんの主張は、私にとっての励みです。
私の場合は右顧左眄してブレまくってますから(^_^;)
でも考えてみると、私も偽善者と呼ばれ続けて早や8年。これだけの年数偽善を続ければ、いっそ大したものだと我ながら思うんですよね。
これからも偽善歴10年を目指し頑張ります!
Posted by プアマリナ at 2005年11月15日 10:33
>私の場合は右顧左眄してブレまくってますから(^_^;)
何をおっしゃいますやら。プアマリナさんこそ私の“灯台”ですよ。この真っ暗な世間の海を渡る時の道しるべ。行方を照らす光です。(と、やや花屋BBS風褒め殺し…爆)

いや、でもマジにプアマリナさんは私の“心の師”ですからね。

>これからも偽善歴10年を目指し頑張ります!
「嘘もつき続ければ真になる」と言いますから、偽善も続ければ善になるでしょう(笑)。
まあぼちぼち、がんばりましょうね〜。
Posted by 放蕩息子 at 2005年11月16日 20:11
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。