2005年09月28日

凄い技だ!

3年殺しというのは伝説の技ですが、きっちり3年とはいかなくとも、外から見ただけでは判らない様な巧妙なダメージを与え、徐々に体の内部から弱らせ、ある日突然斃死に至らせるということは、武術の達人なら本当に可能だそうで。
別に「あたぁ! お前はもう死んでいる」の世界だけじゃなくて。現実に。

話は変わりまして、何年も前から、私の知り合いにはオカヤドカリを飼育している人が少なからずいましたが、当時から昨年辺りまでのオカヤドカリの死因などは限られたものでした。脱皮時の管理不足による食殺(死後か生前かは不明)か、餌や水をやるのを忘れたための餓死・乾死。
これ以外の死因はおろか、(POPで脚が取れてるのを除けば)自切でさえ、聞いたことも見たこともありませんでした。
余程の失敗でもしない限りは、ずっと生き続ける生き物です。我家でも最初に買ったオカヤドカリが今でも生きています。だから、ここ何年かオカヤドカリを店で買ったことがありません。
そもそも私の周囲のペットショップでは、売れないからかオカヤドカリは姿を消していましたし…。

ところで、市場で製品がなかなか回転しないと、消費者は良くても供給側は困るので、最初から耐用時間を短くしておくというのは、よく使われる手だそうで、鍋やフライパンなども技術的に“数年間は絶対に焦げ付かない”物が作れるにも関わらず“焦げ付きにくい”物しか売られていないのは、そのためもあるそうです。
メーカーでさえこうなので、販売店レベルでの達人になると、商品を素早く回転させるための“凄い技”をいくつも隠し持っていて、本来なら耐用年数のあるものに巧妙なダメージを与えておき、クレームにならない時期を見計らって壊れる様にすることも可能なんだそうです。
「クレームどころか、客は相談に来おる。そこで親切にアドバイスしてやって、時機を見て新しいのを薦めたったら、すぐまた買うていきおる」
だ、そうで。悪いやっちゃなぁ(-_-メ)

でも、こんな悪い奴でも、余所で買った製品持ってる客に、ウソの管理方法を教えて早く壊れさせるということはしないんだそうです。
「そこまでやるのは、さすがに仁義に悖る」
posted by プアマリナ at 14:05| 沖縄 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | モノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは!
”石の上にも3年 ”は、知っていましたが・・。
”三年殺し”は、知りませんでした。
ケンシロウは、どう、思っているんでしょうかね?
話が変わりますが、先日「外来生物」のフクロモモンガを飼育することになりました。
とりあえずエキソジックの獣医師に診ていただきました。−−−−。あんた!懲りない人です。
結果が出るまで隔離飼育です。
どうするのよ!ホットケナイでしょう。
一つの命を助けようとすると、皆殺しになる可能性もあるのですが・・。
お願いします。生き物を営利目的や、無責任に増やしたり、捨てたりしないでください。
サソリ、ワニ、ヘビ、など怖い過ぎます。
家にもってこられても、お断りします。
責任をもって、○○○を御自分の手でしかるべき処に相談なりして、行なってください。
Posted by りょう at 2005年09月28日 17:23
りょうさん、ご無沙汰しております。
最近、サソリの放逐が目立ってますねぇ。「外来生物法の規制を強めるために、お前がやってるんだろう」なんて言われましたけど、私にはそんな金ないっす(T。T)
外来種だけじゃなくて、生き物の販売全てを許可制にすべきだと、私は思います。
採取する側は生活のために仕方なくやってる部分があるし、飼育する側は認識が浅いし、上流と下流だけ規制しても全く意味ないです。
大抵の消費者は、「あの店の人、感じが良いから」とか、生き物飼う心構えとは全く別の価値規準で購入に踏み切りますからねぇ。
販売を許可制にしないと、ますます詐欺紛いカルト業者が横行します。結果、放逐生物は増え続けます。
Posted by プアマリナ at 2005年09月28日 18:34
苦情の出たあるチェーン店に、この商品はメーカー側の指示通りに扱うと、2、3日で展示中に死にますよ。幸い買われて消費者の家へ着いても、扱いが酷かった時の疲れが出て間もなく死にます。苦情がいっぱい出るでしょう、と”アドバイス”したことがあります。直ちに全店で取扱を中止しました。

あるブログに、このアフィリエイトで紹介されてる商品の後続の類似商品が行政から問題ありと判断され、業者が指導されていますよ、と教えてあげる記事をトラックバックしたことがあります。翌朝までに切られていました。。

今にあんな物”宣伝”してると、大恥ずかし、世間の爪弾き者になりますよ。そう言ってあげないと駄目なのでしょうか。まともな会社はアドバイスを真剣に受け止めますが、個人は手強いです。
Posted by そお風 at 2005年09月29日 08:57
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。