2005年08月25日

外伝:闘い済んで…。(間欠編)

 うなだれて、引っ立てられていく集団を横目に見ながら、島は口子の元へ歩いていった。
「口子さん、どうもお疲れさまでした」
「島さん、いつも言ってるだろう。そのファッションセンスは、どうにかならないのかね。そんな恰好で歩いてるのは、今どき非番の警察官ぐらいのものだよ」
「実際非番だったんですが…」島は頭をポリポリ掻いた。「いや、そんなことより口子さん。あの自称愛好家どもの騒動の裏には、例の果物屋がかんでます」
 口子は、やれやれというように島を見て、首を振った。
「君は、今さら何を言ってるんだ。私が君を助けるために、この大部隊を繰り出したとでも? それとも、たまたま完全武装の一個大隊を連れて飲みに出たところで、この遭遇戦になったとでも?」
「その後者の方で…。」
「ばか! 果物屋については、色々と調べがついてたんだ。オカヤドカリの飼育情報に関して、他人から盗んだ、それも商品販売に役立つよう歪曲した情報だけを流布させ、商品販売に不利な飼育情報については“オカヤドカリの生態は、はっきりわかっていません”と論理のすり替えを行い、時には巧みに善良かつ無知を装いつつ、今回の石鹸ネタのような、てめぇんとこの高マージン商品を売らんがためのセコいガセネタを流し、被害者の再三にわたる抗議は一顧だにせず、普段は忙しい忙しいと抜かしてるくせに、見かねた善良な人間のしごく真っ当な意見は、あっと言う間に消しちまう。その行状は真に許しがたい」
「なら、そっちの方にも捕方が回ってるんですか?」
「それがだね、島さん」さすがの口子が言い淀む。「この件に関しては、我々は既に管轄外だ」
 島の怒りが爆発した。
「なんですって! そんな馬鹿な! まさか口子さんまで、この件は分化庁の管轄だってぇ、逃げるわけじゃないでしょうね」
「そう怒るな」なだめるように両手を広げた。「ところで、その分化庁なら何度メールを出しても梨の礫で、誰が電話しても“今、担当者は不在です”だ。同じ公僕としてみれば許しがたい怠慢だよな…って、そうじゃない。この件に関しては、既に加藤改が動いてる」
 島は、ハッと息を飲んだ。
「なんと! あのカンキー和尚部隊が!?」
「そうだ。捕獲しやすい繁殖期間中のオカヤドカリを大量に買い漁り、抱卵していると判ったうえで高値で売り捌き、あまつさえ種の多様性保護を全く無視してゾエアの乱放逐を促すような野郎でも、同情したくなってきただろ?」
「幸運を祈りたいですね。ヤツにはきっと、それが必要になるでしょう」
「さてと」口子は表情を和らげ、島から視線をずらした。「阿有くん、矢浪くん、我々の仕事は終わったよ。ご苦労さん。飲み直すとするか!」
 その背中を見ながら島は一人ごちた。
「やっぱり飲んでたんじゃねえか…」



【今回の登場人物紹介】
島 奥作(しまおくそく)=デカ長。非番を返上。
阿有 追生(あゆついしょう)=若手のピース。島の部下。さっきまで飲んでいた。
矢浪 次大(やろうじだい)=島の部下。キャリア。さっきまで飲んでいた。
口子ボス(ぐちこボス)=二課長。島の上司。さっきまで飲んでいた。

【会話に登場した組織の解説】
加藤改カンキー和尚部隊(かとうあらためカンキーおしょうぶたい)
俗姓加藤、得度後カンキー和尚を名乗る謎の人物に率いられた特殊部隊。かなり情け容赦のない手段を採ることで、その筋では有名らしい。蛇足だが部隊の英文表記は「Team Kanky osho」。
デカ長:島 奥作はフィクションであり、物語中に登場する人物・組織・物語の構成などが、いかに実在するものや事実と類似していたとしても、筆者のあずかり知らぬことです。悪しからず御了承ください。


posted by プアマリナ at 15:02| 沖縄 ☀| Comment(6) | TrackBack(0) | デカ長:島 奥作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんわ。このおはなしが、ドコのこと言ってるのか、私もそのサロン(笑)に言ったことがあるので、わかります。
たしかに生き物はおもちゃじゃないんだから、セッケンでピカピカにする必要ないと思います。
だって、何のためにキレイにするの?
「経験してから次のステップ」なんて言ってる人がいるけど、経験って殺した経験ってこと? たくさん殺してからでないと、生き物をセッケンで洗っちゃダメって分からない人は、他のことわかるためにも次々と殺す実験するの? エサをあげないと死ぬってことわかるまで、なんびき飢え死にさせるの? あの人、ホントはゼッタイに飼ってる人じゃないと思う。
あそこの人たちは、ホントにおかしい。あそこの人たちが言ってるカワイイは、ホントに人形やおもちゃのことと同じカンカクだと思う。ゆるせない。
Posted by もと自称愛好家です at 2005年08月25日 20:55
こんにちは。初めまして(?)
うわぁ。物凄く当然のご意見でビックリ(*_*) HNから抗議なのかと思ってましたm(_ _)m
ありがとう。あなたの様な人がいてくれて、少し救われた気がします。
(よーし、キサマは無罪放免だ。by 口子)

そうですよね。試行錯誤って何でしょうね。試行はともかく錯誤ってねぇ。
それも、生命あるもので錯誤は拙いですよね。全く飼育方法が分かっていない生き物ならともかく(と言うか私ならそんな生き物は飼いません)、ネット上には、たくさんの人の経験に基づくオカヤドカリ飼育情報が溢れてるのに。普通は錯誤しないようにするもんですよねぇ。
そうじゃなくても石鹸では洗わないよね。普通(-。-;)

でも、オカヤドカリだけじゃなくて、もっとちゃんと飼育ノウハウが分かってる様な生き物でも、ああいう人って必ずいるんですよ。ベテランの飼育者が、それはダメだと何度言っても「人それぞれの飼い方がある」とかって、妙な人権を振りかざす人が。“人それぞれの飼い方”は確かに自由かもしれないけど、“人それぞれの殺し方”は自由じゃないはずですよね。
Posted by プアマリナ at 2005年08月25日 21:31
あそこ、今見てきました・・・。
もう何て言いますか、突っ込み所満載で、もう・・・見ていてツラくなってきたので見るのやめました。
前に覗いてみた時は、どなたかが至極真っ当な指摘をされていて、
「いい事言うなぁ」
と思ったのですが、翌日見た所その書き込みは跡形もなく消されていました・・・。
どうやら当たり前の指摘を嫌い、自分達だけの世界に閉じこもっているのがお好きみたいなので掛ける言葉も見つかりません(溜息
ある種、洗脳系宗教を思い浮かべちょっと怖いなとも思いますが、いつか気が付くでしょうと静観する事に決めました。
でもどこかで言っちゃうとは思います、ここでこう言っちゃってるみたいに(笑
無理が通れば道理が引っ込むとは申しますが、それでもいつかは当たり前に道理が通る、この分野に成ります様、心からお祈りしております。
Posted by 純 at 2005年08月26日 02:26
純さん、こんにちは。驚くべきサロンでしょ(^_^;)
あそこ見てると、長年にわたって(パソ通含む)ネット上で、多くの生き物好きの人たちが苦しみながら出してきたこと。つまり“無抵抗の生き物の生命を危険に晒して生体実験をやっちゃいかん”という結論は、何だったのかって、哀しくなります。
それも、生態が分かっていない動物を生かすための実験ならまだしも、多くの先人たちの情報が既にあるオカヤドカリを、殺す実験って…。

という嘆きは置いておいて、オカヤドカリに石鹸が害があるかどうかを試す研究って、それは石鹸を商品に出来るかどうかの研究でしょうが(`O´) 及び、真っ当な意見をあのサロンの管理者が消しそこねた時に限って書き込みが賑わい、その意見を過去ログに押しやる(そして秘かに消す)ということも鑑み、関係業者や取り巻きが飼育者を装ってヤラセネタやってるだけだと、私は類推しています。
飼育者装いは、元々(こちらは本物の)愛好家系の板で、あのサロン管理者が得意としていた手ですから(^_^;)

いまどき、さすがにあんな飼育者いないってば(^_^;) 大抵の(本物の)飼育者はヤラセだって気付いていますよ。
Posted by プアマリナ at 2005年08月26日 12:10
放蕩息子です。

私も例の“旦那”のところ、見て来ました。が、まあびっくり…( ̄Д ̄;) 。
“山川草木悉皆成仏”というのが以前からの私の主張(?)なんですが、あそこを見てしまうとむしろ、“縁なき衆生は度し難し”という言葉が頭に浮かびます。
どういう人なんだろう?むしろ一度会ってみたい気がしますねぇ…。

いやね、ト○ーとかマ○カンとか、会社ぐるみで金儲けに走るというのは、まだ分かりやすいし、また受け入れられる話なんですよ。だけど例の“旦那”のところ、「会社概要」を見ると個人事業主になっているじゃないですか(それなのに「会社概要」と書いてあるのも妙な話ですが…笑)。

んで、本当にあのサイトの運営もあの“旦那”が一人でやっているんだとしたら、あのにサイトって、全世界に向けて(なにせWWWですからねぇ。笑)、「ボク、バカでぇ〜す!何も考えてませ〜ん!」って、宣言しているようなものですよね?その勇気がすごい。ある意味リスペクト(笑)。私にはとても、あんな恥ずかしいことは出来ないです。

何なんでしょうね。あぁいう人が本当に世の中に沢山いるとしたら、私もちょっともう絶望的な気持ちになります。精神衛生上、良くない。

誰か身近にいる人間が注意してあげれば良いのに…。友達少ないのかなあ…。ま、私も少ないけど(自爆)。
Posted by 放蕩息子 at 2005年08月26日 14:30
放蕩息子さん、こんにちは。
もうすでに色んな人が注意したんだけど、全く取り付く島がないそうです。基本的なものが欠落した人なのでしょう。
私もね、ああいうのは世間がそのうちに気付くだろうと楽観していたのですが、次々と新しい(ヤラセだと思いたいけど)被害者(というか既に加害者だよな)が現れるようなので、座視できなくて…。
>むしろ一度会ってみたい気がしますねぇ…。
いや、私は一番相手にしたくない手合ですね。同じ空気も吸いたくない(^_^;)

って、皆さん、何の話?
この物語はフィクションだってば(-。-;)
Posted by プアマリナ at 2005年08月26日 15:34
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。