2005年07月22日

アライグマは見た目と違って狂暴? はあ!?

悪質な業者によってペットとして輸入され、無知な人間に買われ、無責任な飼主に遺棄されたアライグマが問題になりはじめた頃、作為的に流された噂があります。
「アライグマは見た目と違って狂暴な生き物らしい」

話は変わりますが、私は以前、ペットとして飼われているタヌキに噛まれたことがあります。
可愛らしい姿で座っていたので、頭をなでようと思って手を出すと、ガツッとやられました。私の指先からは血がドクドクと流れました。
このタヌキは“見た目と違って狂暴”だったのでしょうか。
答えは否。タヌキは怯えていただけなのです。ペットとして何代にもわたって飼いならされた生き物ならいざしらず、昨日や今日無理やりペットにされた生き物が、初めて見る人から手を出されれば怯えるのは当たり前。
不用意に手を出した私が悪かっただけで、このタヌキが“見た目と違って狂暴”だった訳では決してありません。

外来生物法の施行等で外来種が世間の注目を集めるようになった今、また囁かれだした噂があります。
「アライグマは見た目と違って狂暴な生き物らしい」
それと呼応するように、たかが立ち上がっただけの(アライグマと近縁の)レッサーパンダが、マスコミ各紙・各局を賑わせました。

勘違いしないで欲しいのですが、私は外来生物法によってアライグマが駆除されることに反対しているのではないのです。むしろ我国の生態系を守るには必要な措置であると考えています。駆除に反対することにこそ反対です。
ですが、アライグマを駆除するより先に駆逐すべき物があると思っています。
それをしなければ、“見た目と違って狂暴”な生き物は、今後も次々と我国を襲うことでしょう。
posted by プアマリナ at 13:01| 沖縄 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | モノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。