2005年07月12日

ちょっとは落ち着こうぜ、旦那。

まーた、やっとるんかい、この旦那。しかも“今回のヤドカリ君に関しては、死着補償はできません”ですと(`O´)
そういう正常な判断ができていても、目先の利益優先はやめられない訳ですか。

ちなみにこのサイズのオカヤドカリが難しいというのは、他ならぬこの私ヤドカリ研究所主席研究員としてのプアマリナが、(正規取扱業者を名乗る不逞の輩ではなく)歴とした甲殻類学者から直接この耳で聞いたことです。もう7、8年前のことですが、どこかに過去ログでも残っているだろうか。
曰く「このサイズのオカヤドカリは貝殻が小さいので保水力も弱く、すぐに乾いて死んでしまうので、キープするのも運ぶのも難しい」

だからこの旦那が“死着補償できない”と言うのは、全く正しい。極めて正しい。
オカヤドカリ飼育情報の第一人者を自認するこの旦那をもってしても、“死着補償”できる程度に成長するまで(んなもん半年もあれば余裕なのだが)キープしておくのが難しいので、さっさとオークションで売っ払っちまおうというのも、さすがだ!
しかし、もう少し視野を広く持てなかったのかなぁ。残念。
天然記念物オカヤドカリの採取規制は、匹数ではなくてトン数制限でっせ。こんな商売が成り立ってしまって、異常に小っこいオカヤドカリばかり市場に溢れる(しかも死屍累々)なんてことになると、さしもの文化庁も重い腰を上げざるを得ませんぜ、旦那。
そうなると業界全体の危機だし、飼育者全般も困ることになるんでっせ、旦那。

まあ善良な飼育者の多くは、「貴重な生態系を守るためなら、今すぐオカヤドカリが飼えなくなっても一向に構わない(十脚目通信調査)」と表明していますが、旦那、業者さんたちはそうではないでしょ?
恨まれますぜ、旦那。
posted by プアマリナ at 11:56| 沖縄 ☁| Comment(2) | TrackBack(1) | 海水魚飼育とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ホントにどこまでもやりますね、この方。
いつか痛い目に合うに違いない。

ちょっとずれますけど、この方の高額オークションにたびたび登場する某氏、今までぎりぎりでうまく撤退してたけど7月12日のピンクパープル系っていうのをうっかりせり落としてしまいましたね。評価つくのかなぁ。
Posted by とれもろ at 2005年07月14日 00:49
とれもろさん、どうもです。勝手にTBしちゃってごめんなさい。
この記事出したら、オークションの値段がポンと跳ね上がったので、「さては輸送の費用を勘案したな?」と善意的にとらえたんですが、まだまだ甘いかなぁ(^_^;)
Posted by プアマリナ at 2005年07月14日 11:06
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/5020602
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

こんな赤ん坊まで・・
Excerpt: こちらの記事を読み、文化庁へメールを送ってから、はたと気が付いた。 今年はベビーオカヤドカリとか、SサイズSSサイズというのが特に多い。小さいのは人に対する警戒心も薄く、よく動いて可愛いというのもある..
Weblog: 蒼風来たりて風を吹く
Tracked: 2005-07-14 01:23
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。