2005年04月01日

この記事へのコメント
まる暴さんの掲示板でお会いしましたマオです。
時々、ここを拝見しています。
私は猫や犬の問題から様々なことを感じています。このたび、何もできないのですが、生き物たちの生命について考えるサイトを立ち上げようと考え、ただ今準備中です。もしご迷惑でなかったら、プアマリナさんのサイトにリンクさせていただきたいです。(まだ殆ど何もできてないのですが。)
私はここを拝見するたびに、プアマリナさんの思いの手助けができる力がないことを、本当に残念で情けなく思っています。私はたくさんの猫たちや犬たちを守るために、ほんとの貧乏になってしまって・・・。(笑)
でも、明日、天からお金が降ってくるかもしれませぬ。そしたらすぐに小さな生命を慈しむプアマリナさんに送ります。(マジですよ。笑)
Posted by マオ at 2005年04月02日 22:37
マオさん、ありがとうございます。
犬や猫もそう。他の動物たちでも可哀想な目に合わされている生き物って、たくさんいますよね。
どれもこれも全て救うのは無理でも、飼う側にホンの少しでも知識と良心があれば助かるものもたくさんいます。そういうのだけでも助けたいです。
ちなみにマオさん、私もマオさんのSiteを拝見しておりますので、マオさんのされておられること非常に共感しています。
私の場合は、まず小さな生き物。特にどんな酷い目に合わされても“法的に”動物虐待に当たらない生き物をまずなんとかしたいと思っていますが、実は猫も十数年ぐらい飼ってたんで、犬・猫も助けられるものは助けたいんですけどね。私もできることなら協力しますので、なんなりとおっしゃってください。
ただ、私の場合は元々貧乏ですので出来ることは少ないです(;o;)
ホントに天からお金降ってこないかなぁ(^_^;)
Posted by プアマリナ at 2005年04月04日 10:42
私も犬も猫も鳥も、およそ動物という動物は何でも好きで飼っていた。

だが今はペットとしての地位を獲得したにも拘らず、「動物」でないという珍妙な生物(”珍獣”ではない)が存在する。法の保護を受けられぬ生物をまず、との気持ちに共感だ。
魚もそう。どうせ馬鹿者が極論持ち出すのだろうが、無意味な殺生消費に反対。こういうことだ。人が慈悲の心を失って何の人間ぞ。

自ら動くことのない人間はこの人を助けよ。助けぬならせめて励ませ。どちらもしないものは金を出せ。
Posted by そお風 at 2005年04月04日 15:52
プアマリナさん、レスをありがとうございました。とても力づけられました。
早速リンクをはらせていただきました。『生き物リンク』を一度目を通して下さい。どんくさい紹介文しか書けず申し訳ないです。修正する箇所があったら遠慮なく指摘して下さいね。

そお風さん、はじめまして。
>無意味な殺生消費に反対
私もかねがねそう思っています。
猫や犬の問題も、「動物の肉を食べてるくせに」という論理で封じ込められてしまいそうになることがありますが、だから人間の都合や欲望のままに殺していいのだ、と思っている人たちにひるみたくないです。
Posted by マオ at 2005年04月05日 00:19
マオ様

> そお風さん、はじめまして。

お声掛け有り難うございます。プロフィール拝見しました。何と、私より年輩でこんなに地に足を付け頑張っている方がいらっしゃる!かつ今の人には冗談としか取れぬ本心を語ってくださった。(マジですよ。笑)のことです。単独行を決意した若者(マオさんに比べればね)にとって、これ程嬉しく且つ力強いエールはないでしょう。

年齢も性別を超え、やはりスタンスを同じくする者同士は分かり合えるのですね。日本の出来事を見聞きする度絶望することの多い今日この頃、久々の大きな感動を味わわせて戴きました。有り難うございます。

PS. 関東の田舎というと、埼玉県比企郡辺りと違いますか。私は埼玉県の出身です。
Posted by そお風 at 2005年04月05日 13:50
マオさん、そお風さん、心強いメッセージありがとうございます。
マオさん、リンクありがとうございました。とても暖かい紹介文を添えていただけて、感謝します。
Deca-Jの方にも早々にリンクサポーターのコーナー作りますね。

“毅然とした美しい精神と高い知性”
そうだったのか(^_^;)、知らなかったです。他人様に誉められるのって初めてなんですよ(-_-;)
Posted by プアマリナ at 2005年04月05日 15:02
たびたびお邪魔してすみません。

そお風さん
私は茨城に住んでいます。埼玉に住んでいた時、猫がどんどんうちに捨てられるようになり、夫が脳梗塞で倒れ、以後、夫と動物たちと茨城に移りました。
私こそ、こうして心を開いてネット会話ができること本当に嬉しいです。ありがとうございます。

プアマリナさん
きっと私と同じように思っている人多いと思いますよ。ただ言わないだけで。(・v・)←笑顔のつもり。
Posted by マオ at 2005年04月06日 02:22
掲示板のやりとりのようになってしまけど、少し解説させてください。

お二人に共通するのは”清貧”の思想だと思います。
時間もお金も能力もある人というのは、自分の上・中流以上の生活の水準を維持する為、時間を他の人や生物の為devote費やすことが出来ぬもの。sacrifice己を犠牲にするほどのことがないにも拘らず。
それに対し馬鹿者どもは、自分でも分からぬうち夢中になってしまっている。それが生活になってしまう。頭が良くない。計算して生きていけんのです。

前者の人達は、ペットを飼うというのは時間のある時、気の向いた時だけ可愛がり、彼等から感謝され「ああ可愛いな。」と心を潤すこと。それがペットオーナーの特権と思っている。だから”癒し系”などという言葉が世に出、皆平気で採用し使えてしまう。

私に言わせれば、自分に都合の良い時だけ生物を可愛がる者が、現在の”生物の消費物化”を生んだ元凶。このままこういったスタイルの人達の姿勢が肯定され、それが当り前とペットオーナーの多数意見を占めるようになったら・・との危機感を抱くに至った。

まずは生物を主なコンテンツとするサイトのオーナーさん達の意識改革をすることが急務かもしれない。敵を直接攻撃するより、多分これが一番辛く大変なことだろう。
Posted by そお風 at 2005年04月07日 15:26
マオさんの「もんくあっか 動物愛護活動」を、Deca-Jからリンクしました。
恰好良い! 私は、もんくあっか!に痺れています(^_^;)

そお風さん、マオさんはともかく私に清貧の思想があるかどうかは…。能力のもたらす結果として“赤貧”に喘いではいますが、金は好きです(T。T)
ただ、確かに偸盗の如き賈売を行うぐらいなら、飢える方を選びますね。目的が金ではカルトやマルチと変わらん(-_-メ)

>まずは生物を主なコンテンツとするサイトのオーナーさん達
(非営利なとこは)皆さんピュアですよ。私など及びもつかない清貧の求道者が多いです(^_^;)
そういうとこROMってて、自分が上手く飼えないもんだからって開き直った様な誹謗中傷を書き込む輩もいますけど、そういう人たちも裏返せば生き物を愛する気持ちのネジ曲がった表現だし…。
私が「意識改革が必要だな」と思うのは、“メンテナンスフリー”なんて言葉に魅かれて生き物を飼おうと思う人。普通信じますかね?こんなこと。
あと、それを“アイデア商法”みたいに称賛するマスコミは、改革というよりは壊滅させるべきでしょうね。
Posted by プアマリナ at 2005年04月07日 17:39
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/2724850
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。