2005年11月30日

Deca-J水族館のテーマ

協賛(?)するにも協力しようにも、言ってることが難解だ。狷介だ!居丈高だ!という、ご意見をもらいましたので、もっと簡単にテーマを設けてみました。
以前の私を知っている方には、もうお馴染のテーマです。『親と子と、人と自然とのコミュニケーション』。児童文学関係もこれをテーマにしていましたが、Deca-J水族館の構想もこのテーマを踏襲しています。
基本は“親は子供を連れてきなさい”と“子供は親を連れてきなさい”です。
他人に子供を預けて親が知らんぷりなど、とんでもない。また子供を置いて親だけ遊ぶのも、とんでもない。その代わりファミリー割引を設けます。
例えば、入館料。大人500円、小人300円のところ、小人一人に付き大人一人まで無料(つまり親子なら二人で300円)といった具合に。
親は子供を連れていきやすくなるし、子供は親を誘いやすくなります。そこが狙いです。
> 詳細はこちら

実は、家族単位でキャンプなどに行ったとき、私は生き物を捕まえるのですよ。いつも。みんなが持って帰れるように。
子供たちは、そういうのを見て目を輝かせます。ところが親が「いやあ、飼うの大変だから」と断わるのです。昔っから親はそうでしたけど、最近は駄々こねる子供も少ないです。
これじゃ、我国の将来は絶望的だと思う訳です。
いや、何が何でも「野外に行ったら生き物を捕まえて持って帰れ!」という意味では、決してないですよ(^_^;)
この記事へのコメント
必死ですな(-。-;)
こんなことでスポンサー現れると思ってんのか? あめえんだよ。
Posted by 藁太 at 2005年12月01日 12:43
思ってるわきゃないでしょう(^_^;)
強力なコネでもあって、こちらから持ち込んだならともかく、ネットの片隅でいくら企画したって、そんなのに金出す企業など、おまっかいな。
そんな腹の据わった企業が我国にあったら、世の中あんたみたいな連中ばかりになってませんよ(~_~;)
公共に至っては、何をか言わんや(いや言わない=反語)。

まあ、言わばこれは、金もコネもない(あんたらから見たら)ムシケラの“五分の魂”です。意味判りますか?
あと老婆心で言っておきますが、プロキシ通したら何でも言えると思ってる愛○県の藁太さん(最初、樺太さんかと思った)。「あめえんだよ!」
“匹夫も志を奪うなかれ”という言葉は知ってますか?
Posted by プアマリナ at 2005年12月01日 13:00
↑てなことを、もう少し噛み砕いたブログも作ってみました。
http://shellfisharium.seesaa.net/
ココを読んでも批判する人は、ちゃんと相手したげます(^_^;)
Posted by 館長 at 2006年03月24日 20:53
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/10017496
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。