2006年06月13日

WCのキャラクター化は断固反対!(便所キャラじゃないよ)

愛護精神や命の尊厳というレベルで考えれば、服を着せられてる犬を見て「酷いな」と心傷まずにはいられないのですが、私のテーマは「自然の恵みを貪らないこと」なので埒外です。
犬は人間の玩弄物として累代改良されてきた生き物ですから、着飾った犬を抱っこした飼主が、世間一般の常識的な感覚の持ち主から嘲笑されるのは、まあ自由です。暗い世の中ですしね。この程度の自分を的にしたブラックユーモアは大目に見ましょう。
但し、本来ペットではない生き物。それもWC(Wild Caught)個体が賑々しく着飾らされていたり、出来の悪い玩具みたいな造形樹木に登らされたり、あるいはカラフルな(しかも軽くて不安定な)樹脂製の網に渋々登らされたりしている姿はどうでしょう。
生き物を販売するショップや業者がよく言うことに「需要があるから売るんだ」というのがあります。確かにそれも一理あります。私だってペットショップに行くことはあるし、ここ何年かは買ったことがないものの、WC個体だって買ったことがあります。それどころか自分で捕まえたりもするし(^_^;)
ですが、上記したような○○○○○○専用グッズなるものは、飼育に絶対に必要なものなど一つもないのです。

具体的に言いましょう。
オカヤドカリ専用グッズ。つまりペイント貝殻や、登り木と称するプラ椰子や、ジャングルジムと称する妙なもの。「オカヤドカリの餌」とか「オカヤドカリの砂」などと、普通に買えば安く買える物を小袋詰めにして高値にし、かつ絶対量を不足させたものなど。
このどれ一つとっても、オカヤドカリを生かすのに役立つものはありません。オカヤドカリを多少なりとも飼育(流通過程でのキープは飼育とは言わない)したことのある人間なら、一瞬で「そりゃダメだろ」と脱力する様な粗悪品ばかりです。場合によっては容易に“オカヤドカリ殺傷道具”になり得る物さえあったりします。

解りやすく(?)言いましょう。
“本来あるはずのない需要”を無理矢理に喚起して、尚且つ“飼育とは無関係”な珍妙グッズと共に売り捌くというのは、嘲笑している場合ではないですよ。正しく自然の恵みへの冒涜です。貪る行為です。
多くのオカヤドカリ飼育者・愛好家は、一昨年来の狂乱を経験して、最早、この手の珍妙グッズなど笑ってスルーではあるのですが、グッズメーカーやグッズ屋さんは、笑われることなど屁とも思っていないのです。
例えば、子供連れの顧客が珍妙グッズに初めて接したとしましょう。ちょっと冷静に考えれば「なんじゃこりゃ?」な商品でも、子供にせがまれれば中々この珍妙キャラクターの誘惑には抗しがたいです。
あるいは、「ヤドカリ(ヤドたん)が流行ってるみたい♪」という頭の温い人が、ケバケバ飼育セットに突然遭遇したらどうでしょう。
この手の迂闊な消費を掘り起こすため、板の雰囲気など物ともせず未だに平気で“成り済まし”をやる業者もいます。
要するに、本来オカヤドカリを飼うつもりのなかった人を、無理に飼うように仕向け、その上で(偽の専門知識を頒布し)嘘の飼育方法・飼育グッズで、本来長生きするはずのオカヤドカリを早く死ぬように仕組む。
これが貪る行為でなくて何なのでしょう。続きを読む


posted by プアマリナ at 16:57| 沖縄 ☔| Comment(6) | TrackBack(0) | 2006年のT社・M社関連情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。