2006年05月11日

シートン動物記

昨日、古本屋さんで見掛けて、思わず買ってしまった。一冊のみだけど、娘に(~_~;)
大人になっても生き物好きの連中って、多分、シートンとかファーブルとか椋鳩十とかを、子供の頃に熟読してたのではないかな?等と、独断と偏見と言うか、自分自身の経験を元に勝手に決めつけています。
宮沢賢治や新美南吉では、絶対にあって欲しくないと、個人的には思っています(^_^;)

娘に「パパが子供の頃に好きだった本だよ」と、言って、渡しました。
娘は、一応「読むよ」と笑顔で答えてくれましたが、女の子だからなぁ。さて…。いきなり冒頭から『オオカミ王ロボ』だし、吉と出るか凶と出るか微妙です。
「パパの様になりたくないから、絶対に読まない!」と、言われなかっただけマシかも(~_~;)


posted by プアマリナ at 20:51| 沖縄 ☁| Comment(11) | TrackBack(0) | 児童文学とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。