2006年03月06日

続:ここでちょっと、消費者の方にもお願いです。

昨年は、多くのオカヤドカリ飼育者の方が、「トミー・マルカン製品でオカヤドカリを飼育することは非常に難しい」ということを、縷々説明し、あるいは(哀しい思いをして)実証しました。
冷静かつ客観的に、ヤドカリランドやハーミーズ・クラブの問題点を指摘したWebページが既にたくさんありますから、今年はトミー・マルカン製品を買う消費者はいないだろうと楽観したいところですが、これが中々そうもいかないのです(-。-;)
どんな生き物でもそうですが、生き物を飼育する場合の基本中の基本、要するに常識として、「買ってから飼い方を調べる」のではなくて「飼い方を調べてから買う」ということがあります。
「当たり前じゃないか」と怒られそうですが、消費者がみな、この当たり前のことをしていれば、ヤドカリランドやハーミーズ・クラブなど今まで一つとして売れたはずはないのです。

ですから、消費者の方にお願いです。
「店頭でオカヤドカリを発見」あるいは「流行ってるから欲しいな」という場合でも、冷静に「物理的に飼えるのかどうか」を見極め、また買う前に「飼い方を調べて」から、購入に踏み切って(あるいは断念して)欲しいのです。
確かに、業者が二言目には言う様に「オカヤドカリの飼育は簡単」な部類に入ります。
一部の魚や珊瑚の様に“飼育環境に特別うるさい(上に維持するのに技術を要する)”訳でもなく、一部のエビやカニの様に“特定の餌を専食する”訳でもなく、一部の両生類や爬虫類の様に“生き餌(あるいは動くもの)しか食べない”訳でもありません。
よほど劣悪な環境でない限り、よほど偏った餌やりをしない限り、また極端な過密飼育をしない限り、病気もせずに丈夫に生き続ける生き物です。
それでも、オカヤドカリは歴とした生き物ですから、メンテナンスフリーでもなく簡単癒し系でもなく、ちゃんと飼い方というものがあります。
そして、これまた業者が二言目に言う「オカヤドカリの生態には解っていないことが多い」のは確かですが、“飼育というレベル”では、他の生き物に比べれば非常に「解っていることが多い」のです。
一頃は、オカヤドカリの飼育情報などは、本屋さんにもネット上にも、もちろんペットショップにも、ほとんどなかったのですが、幸か不幸か、今はGoogleでもyahoo!でも、「オカヤドカリ」と検索ワードを入れるだけで、いくらでも出て来ます。
「○○○のことなら」とか「○○○専門」という言葉(注:これらは古典的な広告用語であって、情報の正確さや信憑性をなんら保証するものではなく、それどころか銭儲けに都合の悪い事実を隠蔽するために使われているケースが多い)さえ使っていないページなら、そして「○○○専用品」(注:これは古典的な抱き合せ販売の手口であって、消費者の使い勝手や商品の性能をなんら保証するものではなく、むしろ汎用性が低く使い物にならないケースが多い)さえ扱っていないページなら、どれでも参考になるはずですから、せめて買う前に下調べをして欲しいのです。

と、ここで少し、虚しさにとらわれました(T*T)
ちゃんと“買う前に調べて”いて、この記事に辿り着いた方には、ここで述べる必要は何もない(^_^;)
“買ってしまってから”この記事に辿り着いた方には、単なるイヤミにしか見えない(~_~;)
何という無駄な記事であることか…。
しかし! 買ってしまってからここを訪れた人にも一言。「まだ手遅れではないので、ソッポ向かずに飼育方法を調べてください。頑張れ!」


(とりあえず、このカテゴリーで言いたいことは、一先ず終わったかも)


posted by プアマリナ at 16:17| 沖縄 ☔| Comment(8) | TrackBack(0) | 2006年のT社・M社関連情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。