2006年03月02日

ヤドカリ会陰謀説と専門家によるアドバイス論

昨年、オカヤドカリ飼育セット(なるもの)を取り扱うホームセンターやペットショップを震撼させた噂がありました。
「ヤドカリ会なる団体が、オカヤドカリの不適切な販売方法に対してクレームを着けている」と。
この噂が作為的に流されたものなのか、それとも不作為に流れたものなのか、私には判りませんが、この噂はオカヤドカリを生き物として扱って欲しいと願う人々にとっては、全く役に立たず、逆に、オカヤドカリを消耗品扱いしたい連中を利する結果に繋がりました。
オカヤドカリ愛護団体、あるいはクレーム団体というレッテルを貼ることによって、事情をよく知らない一般消費者の反感を誘い、かつ、販売店側に猜疑心を植え付け頑なにさせました。
「ヤドカリ会が何か言ってくるかもしれませんけど、ただのクレーム団体ですから無視して下さい」等という卸業者のセールストークが聞こえてきそうです…。

もちろん実際には、ヤドカリ会(というネーミングセンスの悪さはさて置き)などという団体は、存在していません。
仮定の話で団体を作るとしてみて、オカヤドカリ飼育の第一人者で、その実力があるのは、国内ではハートミット・クラブのとれもろさん、みーばい亭の波風さん、偏屈の洞窟のcaveさん。この3人以外には見当たりません。
しかし、このお三方は人数を組織して、販売店にクレームを付けさせよう等という発想とは全く縁のない方々です。
あるいは、海外在住の方ですが実力者である、そお風さん。この方も、時に(メーカーや販売店から見れば)言動が過激になることはあっても、徒党を組んで圧力をかけよう等という陰黠な手段を採ったりはしません。
上記4名の方からすると実力は格段に落ちますが、不祥プアマリナ。この男ならやりかねないですと?
ふむ。確かに、おだてられると木にも登る人間には違いないですが、何しろ人望がありませんから、誰もおだててはくれない(~_~;)
要するに、昨年、オカヤドカリ飼育セット(と称するもの)を取り扱う販売店に寄せられた意見は、どれも店頭での惨状を憂慮した消費者が、自分の意志で自分の意見を述べたものです。どこかで扇動されたり、洗脳されたりしたものでは、決してありません。

そして、これは最早噂でも何でもなく、実際にあった事例として「専門家によるアドバイスを受けているので、この販売方法で大丈夫です」という販売店側の受け答えが、複数報告されています。
その中には、販売店側が苦し紛れの、その場逃れで答えたものもあるでしょうが、メーカー側から「そう答えるように言われた」という例もあるのです。
そもそも“専門家”とは何ぞや。
我国の、(縁日で買ってきて数日で死なせるというのを除けば)浅いオカヤドカリ飼育の歴史から見て、オカヤドカリ飼育の“専門家”と呼べるのは、上述した4名の方と、数年前から一切の活動を停止しているヤドカリ研究所のyamさん。この5名以外にはいません。
この5名なら、間違っても「水も餌もやらないでください」等というアドバイスをする訳はありません。
となると、一体何の専門家なのでしょうね。

水も餌もやらない。実はこれは(ペットを含む)生体流通の過程では、常識です。
遠方から飛行機や船や車で、ゆらゆら揺られながら輸送されてくる生き物に水や餌を与えていると、乗り物酔いで食べた物をもどすことがあります。乗り物酔いしない生き物であっても排泄は行いますから、やはりケース内は汚れます。
ただでさえ輸送疲れで弱っている生き物を、吐瀉物や排泄物と一緒に入れていては下手すると死着ということになりますから、生体流通の過程では水や餌はやらないのです。
ただ、ペットとして売られるのであれば、店頭に到着して数日すれば、餌も与えられ、排泄物も掃除してもらえる。当たり前ですが、これも常識です。
ところが、オカヤドカリは、実はペットとして流通した生き物ではなく、残酷な話ですが、元々は釣りの生き餌として流通した生き物です。数年前までは「釣り餌のオカヤドカリを、飼育しても面白いよ」といった程度の扱いで、購入者が釣り針に掛けて海に放り込むまで“活きが良ければ”構わない代物だったのです。

釣り餌とは残酷だとか、そういうことをここで述べたいのではありません(述べたくない訳でもないけど)。
ただ、“飼育”を目的とした購入を考えている消費者に対して、曲がりなりにも“ペット”として販売しているショップが、「専門家によるアドバイス」を頑なに守り通すべきなのかどうか。
そのことを、一度、冷静になって考えて欲しいのです。

(続く)


posted by プアマリナ at 18:55| 沖縄 ☔| Comment(6) | TrackBack(0) | 2006年のT社・M社関連情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

続:かくなる上は、消費者に直面する小売店に期待

言いたいことは解った。だがやり方が判らない。そうおっしゃるのであれば、遠慮はいりません。私に聞いて下さい。
このブログ右肩のメールアドレスでも構いませんが、こちらはSpam、誹謗、中傷、意味不明のジャンクメールが山ほど来るので、返事が遅れる可能性が高いです。Deca-Jの方のメールアドレスか質問フォームの方へ、ご質問いただければ、懇切丁寧にお答えしましょう。
近所なら直接行ってアドバイスしても良いですよ(^_^;)

で、昨年Deca-Jを立ち上げた際、「あの団体は自分たちの言うことを聞いた業者だけにお墨付きを与え、言うことを聞かない業者を吊るし上げようとしている」等という有り得ないデマを流した悪者がいたそうで。
また現在、Deca-Jでは水族園のスポンサーを募集していますが、「銭儲け根性丸出し」と批判されているそうです。
確かに当方「金ならない!」。また(金儲けの才能は全くないが)世の中にとって有効な金銭の使い方なら知悉しているので「金は欲しい!」。
ですが、ここここをよく読んで下さい。
生体販売を行う業者には如何なる事情があろうともリンクはしないと言っています。リンクしないと言った限り、生体販売を行う業者は当団体のスポンサーにはなれません。そして当団体はスポンサー以外からの資金援助は決して受けません。
別に(オークションを別にすれば)生体販売がイカンとかヤメロとかニャロメとか、その様な意図は全くありません。内心「しまった」と思わなくもないのですが(^_^;)、宣言してしまった限りは、普通の人の世では約束を守らなければならないので。
要するに、判らないことは聞いて下さい。タダでお答えします(でも、いきなり「どうすれば良いですか?」というのはヤメテね)。

と、ここまでは、昨年も私以外に色んな方が同じことを言っていた訳です。別に難しいことをやれと難詰する訳でもなんでもなく、「判らなかったら聞いて下さい」と。
オカヤドカリの販売など、生体を広いケージに放し、水と餌をやってれば良いだけのことですから、簡単なことです。
私などは普通にサラリーマンですから昼間は会社に行っています。毎朝、子供たちを幼稚園や保育所に送ってもいます。その上で海水魚やエビや(海)ヤドカリやカニやイモリや金魚やカメやセキセイインコの世話をし、ベランダの植木に水までやっています。はっきり言って下手なペットショップやホームセンターの店員よりも守備範囲は広いです。その私でもオカヤドカリを6年以上キープできています。
つまり(私も含めた)消費者が、ショップに求めていることは、難しいことでも何でもないのです。

消費者は、簡単かつ常識的なことを言っているだけ。そしてショップ側は、簡単なことを行うだけで顧客の疑問を解消し、評判を下げないで済むのです。
小売業にとってお客様は神様です。その神様を邪険に追い払ったり、適当な言葉で言い繕ったり、時には店員が逆ギレしたりするのは何故なのでしょう。
実は、そこには巧妙に仕組まれた罠(というか相互不理解?)があります。それはヤドカリ会陰謀説と専門家によるアドバイス論です。

(続く)
posted by プアマリナ at 11:42| 沖縄 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 2006年のT社・M社関連情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。