2006年02月28日

続:誠意の通じない会社(?)

私は、犯罪者であっても更生の機会を奪ってはならないと思っています(と言っても、改悛の気配もさらさら見せない根っからの極悪人に対しても極刑を廃すべきだという人権教徒ではないので、誤解無きように)。
同様に、非道なことをした企業・個人であっても、失地を挽回する機会を奪うべきではないと考えています。私自身、別に正義の執行者でも何でもないので、マルカンの様な企業に対しても、「非道だ・ケシカラン・直ちに罰せよ」等と詰るのは良くないと思っています(いかに言ってることが正しくとも、詰るだけに終始するのなら、単なるクレーム屋です)。
誤解を恐れずに言えば、むしろそうして相手を追い詰めるのは、色々な意味で逆効果。
例え、大きな運動になって、マルカンという会社を再起不能に追い込んだとしても、次から次へと同じような企業・個人は出てくるので(トミーにも電話しなきゃな…)、事の本質がウヤムヤになるだけ全くの逆効果です。

今回のヤドカリランドの件について、ベストな選択としては、マルカン側が自らの非を認め、消費者に対して自ら釈明し、今後販売方法他を改めることを誓えば良いだけのことです。そうすればマルカンの企業イメージは回復し、多くの消費者も納得できたはずです。
なので、私はマルカンに対して「公開質問状」を送付した後も、ベストな選択をしてくれることを信じて、公開せずに対応を待ちました。
マルカンという会社に、一年遅れとは言え“ペットメーカーとしてちゃんとやる”という約束を果たす気があるのなら、質問状を公開せず、それどころかマルカンの信頼回復に協力する用意さえあったのです。

ところが、私は物の見事に裏切られました。それでもまだ、私は次善の策を採っています。
事ここに至ったとは言え、公開質問状に対して、今からでも真摯な対応を見せてくれるのならば、私にはマルカンの失地回復に協力する用意があります。
質問状に対して、真摯な回答が得られれば、多くの消費者も頭の中いっぱいに湧いた「?」マークを消し去ることができるはずなのです。
と、ここまでは建て前の話(^_^;)

で、ここからは本音(-.-;)
「クレームではないので必ず回答下さい」と電話したにも関わらず、まだ何の音沙汰もありません。
マルカンという会社は事態を深刻に受け止めず、担当者一人に責任を擦り付けて知らん顔をしようとしているのでしょう。
私もサラリーマン歴長い(と言うか、世間一般的範疇のサラリーマンであった例はなく、もっと悲惨な状況を長く続けている)ので、逆に担当者の立場に同情してしまう部分もありまして、「追求がナマヌルイ!」というお叱りを受けそうな気がしないでもないです(^_^;)
マルカンが事態を甘く見ているのか、それとも私がナメられているのか(恐らくは両方なんだろうな)…。

でも、私はナメられるのは好きじゃないですよ(`O´)


posted by プアマリナ at 11:29| 沖縄 ☔| Comment(2) | TrackBack(1) | 2006年のT社・M社関連情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。