2006年02月28日

続:誠意の通じない会社(?)

私は、犯罪者であっても更生の機会を奪ってはならないと思っています(と言っても、改悛の気配もさらさら見せない根っからの極悪人に対しても極刑を廃すべきだという人権教徒ではないので、誤解無きように)。
同様に、非道なことをした企業・個人であっても、失地を挽回する機会を奪うべきではないと考えています。私自身、別に正義の執行者でも何でもないので、マルカンの様な企業に対しても、「非道だ・ケシカラン・直ちに罰せよ」等と詰るのは良くないと思っています(いかに言ってることが正しくとも、詰るだけに終始するのなら、単なるクレーム屋です)。
誤解を恐れずに言えば、むしろそうして相手を追い詰めるのは、色々な意味で逆効果。
例え、大きな運動になって、マルカンという会社を再起不能に追い込んだとしても、次から次へと同じような企業・個人は出てくるので(トミーにも電話しなきゃな…)、事の本質がウヤムヤになるだけ全くの逆効果です。

今回のヤドカリランドの件について、ベストな選択としては、マルカン側が自らの非を認め、消費者に対して自ら釈明し、今後販売方法他を改めることを誓えば良いだけのことです。そうすればマルカンの企業イメージは回復し、多くの消費者も納得できたはずです。
なので、私はマルカンに対して「公開質問状」を送付した後も、ベストな選択をしてくれることを信じて、公開せずに対応を待ちました。
マルカンという会社に、一年遅れとは言え“ペットメーカーとしてちゃんとやる”という約束を果たす気があるのなら、質問状を公開せず、それどころかマルカンの信頼回復に協力する用意さえあったのです。

ところが、私は物の見事に裏切られました。それでもまだ、私は次善の策を採っています。
事ここに至ったとは言え、公開質問状に対して、今からでも真摯な対応を見せてくれるのならば、私にはマルカンの失地回復に協力する用意があります。
質問状に対して、真摯な回答が得られれば、多くの消費者も頭の中いっぱいに湧いた「?」マークを消し去ることができるはずなのです。
と、ここまでは建て前の話(^_^;)

で、ここからは本音(-.-;)
「クレームではないので必ず回答下さい」と電話したにも関わらず、まだ何の音沙汰もありません。
マルカンという会社は事態を深刻に受け止めず、担当者一人に責任を擦り付けて知らん顔をしようとしているのでしょう。
私もサラリーマン歴長い(と言うか、世間一般的範疇のサラリーマンであった例はなく、もっと悲惨な状況を長く続けている)ので、逆に担当者の立場に同情してしまう部分もありまして、「追求がナマヌルイ!」というお叱りを受けそうな気がしないでもないです(^_^;)
マルカンが事態を甘く見ているのか、それとも私がナメられているのか(恐らくは両方なんだろうな)…。

でも、私はナメられるのは好きじゃないですよ(`O´)
posted by プアマリナ at 11:29| 沖縄 ☔| Comment(2) | TrackBack(1) | 2006年のT社・M社関連情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月27日

誠意の通じない会社(?)

私が予てから主張しているのは、「オカヤドカリの販売を止めさせろ」とか「違法だ!」とか「可哀想だから止めろ」とか、増して「あの非道な会社を罰せよ!」などということでは、全くありません。
「簡単に飼える」とか「不思議な生き物」だとか「癒し系」だとか、(オカヤドカリには限らず)生き物を、殺しても死なない様なキャラクター扱いし、デタラメな飼育情報を頒布し、消耗品の如く売り捌くのは、“生き物の飼育という文化”にとっての冒涜だから、改めてほしいと。
また、エラ呼吸している(=水に溶けた酸素しか取り込むことができない)生き物を、「水も餌もやらなくて大丈夫」と偽って、飼育セットの一部品の様にパッケージ化して店頭に並ばせるのは、販売店と消費者に対する二重の詐欺であるばかりではなく、自然環境=奇跡のように繊細な生態系への甚大な破壊行為に繋がるから、改めてほしいと。
つまり、切なる願いを吐露していた訳です。

昨年、マルカンという会社が何をしたか。それはもう多くの方がご存じなので、今さら言いませんが、マルカンのヤドカリランド発売に先駆けて、マルカンの開発担当者が私に何と言ったか。
「ウチはトミーとは違ってペットが専門です。ちゃんとやります」と言ったのです。
私は、その言葉を(半ば)信じたので、「頑張って下さい。当方も企業糾弾や、何らかの活動が目的ではありませんので、静観します」と答えました。そして、マルカンが全く約束を守らなかったにも関わらず、私は、私の矜持として、約束を守りました。
会社の方針が徹底していない、あるいは営業マン独自のセールストークだ!では言い逃れ不能な、つまり会社ぐるみで行っているとしか思えない非道行為についても目にし、耳にし、種々の要望(とか弱腰とか口舌の徒などという罵倒)も受けつつ、マルカンへの誹謗に走らないようにし、あるいはそう勘違いされそうな言動は避けたつもりです。
私が企業糾弾や偏狭な愛護活動を目的としていると勘違いした正義漢、あるいはそれを装った佞人によるものかは不明ですが、「ちゃんと飼おうが、すぐ死なせようが、所詮どちらも人間のエゴだ」とか「目くそ鼻くそだ」とか、「自分は良いけど他人はダメ」とか、あらぬ方向からの中傷があったにも関わらず、私は「私が正しい」という主張もせず、もちろん「マルカンの非を鳴らしたり」も、しませんでした。

そして今年、私はまたマルカンにFAXでの質問状と要望書を提出しています。
質問状はこちら(pdf)です。要望書については、昨年の切々たる消費者の願いを総括したつもりですが、公開すると「何という会社だ」と、マルカンに対する過剰な糾弾に発展する可能性もなきにしもあらずなので、Deca-JのML会員のみに公開します。
先週、私はこのFAXをマルカンに送っています。返信の方法として、私のメールアドレスと(小さな子供もいる)自宅のFAX番号、そして先方のメールアドレスを報せずに返信できるよう非公開の回答フォームCGIまで作って、いずれの方法でも良いので、必ず返事をくれる様にお願いしています。

とりあえず先方の方針決定や社内確認作業もあろうかと思い、一週間待ちましたが、今のところマルカン側からは何の回答もありません。マルカン以外にはURLを知らせておらず、しかもサーチエンジンのロボットを拒否している回答フォームに、名古屋方面からの不可解なアクセスがあったのみです。

尚、私は面倒なことが嫌いなので、先ほどマルカンに電話しましたが、「担当者不在」だそうです。
戻り次第、必ずご返答いただく様に、重ねてお願いしました。
posted by プアマリナ at 18:04| 沖縄 ☔| Comment(2) | TrackBack(1) | 2006年のT社・M社関連情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月22日

チャイトイソギンチャク?

siraito.jpg前項で、「シライトイソギンチャクには、2年の間、一度も餌を与えたことがありません」と言っておきながら、「そのシライトの姿を見せないのはオカシイ」と言われかねないので、写真を出しておきます。

小さく見えます? いえいえ、クマノミが巨大になっちゃって(^_^;)
何々? ピンクで綺麗だ? ご心配なく。照明の加減です。実物はちゃんと茶色いですから(~_~;)

2年近くの間、90センチ水槽のど真ん中に鎮座ましまし、水面に届けとばかり伸び切っていたシライトなんですが、先日、何を思ったか急に水槽の端っこに移動してしまいました。
真上にパワーヘッドの給水口があるので、伸びることもままならず、斜めに突き出して縮こまっちゃっています。
おかげで、パワーヘッドの位置はずらさにゃならんわ、スポンジは強固に止めなきゃならんわ。結構、迷惑してるんだけどねぇ、君(`O´)

で、餌ですが、私は一度もやっていないものの、大抵の餌はこのクマノミが掻っさらって、イソギンチャクにくっつけるので(その後、他の魚を追っ払ってからゆっくり食べるので)、たまにはオコボレがイソギンチャクに回ってる可能性もあります。
悪食のクマノミでも食べない様なカスしか、回っていないことだけは確かですが…。
posted by プアマリナ at 18:54| 沖縄 ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | 海水魚飼育とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月21日

ウメボシイソギンチャクが増えてる

umeboshi.jpgと言っても、この写真では判らないよね(^_^;)
真ん中のライブロックの陰にいる赤いのが親。その左下に2つ。手前のピンク色の(と言っても、これも石灰藻と見分けが付かんね)と、都合3つの子供ウメボシが写ってはいるんだけど…。
90センチ水槽の一番奥のライブロックの陰にいるので、私の撮影技量(とカメラの性能)では、これが限界です。えろう、すんまへん。

このウメボシイソギンチャク。一昨年の夏に鳴門で採ってきたものですが、当時はトゲチョウが(老いたりとは言え)健在だったので、しばらくは不遇を託っていました。
ポリプ食性ではなくとも、チョウチョウウオってのは刺胞動物を突っつくのがお好きな様で、ウメボシも昼間(つまりチョウが起きている間)は、ずっと閉じたままで、夜中に起きたときぐらいしか綺麗に開いてるのを観察できなかったんですが、チョウがいなくなった最近では、昼間でも開いてくれる様になりました。
今までにも子供をポンっと口から放り出したりしてたんだけど、きっとチョウに食べられてたんだろうな。いつのまにかいなくなっていました。
だから、“繁殖難易度2ぐらい”のウメボシでも、増えてると妙に嬉しいです。

このまま、ライブロックの回りにお花畑ができれば嬉しいんだけど、そう簡単には行かないかな(^_^;)
で、ウメボシイソギンチャクは、やや陰日性の傾向が見られます。褐虫藻は持たないのか?? 餌は2ヶ月に一回ぐらい(と言うか、たまたま見たときに開いてたら)テトラ・ガマルスやチリメンジャコなどを与えています。
ちなみに、同じ水槽で飼っているシライトイソギンチャクには、2年の間、一度も餌を与えたことがありません。
posted by プアマリナ at 15:26| 沖縄 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 海水魚飼育とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月17日

poormarinerはSPAMerなのか(^_^;)

相変わらずと言うか、執拗に、私からのマスコミ各社へのSPAM攻撃が止まないようです。
どうもすんません。って、あのね(^_^;)。
SスポとかA新聞とかNテレとかFテレビとかから、毎日のように
このメールには、ウィルスが含まれていたので、受信できませんでした
というReturned Mailが来るんだけど、シツコイのなんの(`O´)
またぞろ、どこぞの悪徳業者が極悪非道な生体販売でも始めようとしてるのか?と、勘ぐってしまうぐらいのしつこさです。
成り済ましメールをマスコミサーバのファイヤウォールに引っかけまくって、私からの本当のメールがマスコミに届かないようにしたいんだろうけど、端から私ゃマスコミなんて全く信用してないんだから、意味ないってば(^_^;)

業者や官庁に対する批判あるいはお願いメールは、マスコミCCで出すと効果的だというのは、聞いたことないこともないんだけど、そもそもマスコミに送ったメールが、ちゃんと然るべき部署まで届いてる訳がないってこと(つまりSite運営者の判断でほとんど削除されてるってこと)、私が知らないとでも言うのかい?(いや言うまい=反語)
って言うかぁ、私が、業者や官庁に対して批判やお願いメールを送ったことなんて未だかつてないし、これからも有り得ないんだけど(^_^;)
直談判するか、さもなくば精々ここでイヤミ言うぐらいのもんなんだけどなぁ(~_~;)
ご苦労様な人がいるものです。そんな陰黠な手段採らなくてもねぇ…。哀れな(T*T)

コラコラ。「プアマリナ黙らせるにはその手があったか!」と、そこで手を叩いたキミ(^_^;)
今までの話、聞いてましたぁ?
posted by プアマリナ at 10:36| 沖縄 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | モノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。