2006年01月18日

私の好きだった水族館

もう二十数年も前の話です。私が子供の頃、よく行っていた水族館がありました。
水族館と言っても、イルカが飛んだり、ラッコの餌付けがされていたり、その歳の干支にちなんだ珍しい生き物のイベント展示がされていたり、映画やアニメ等で“子供たちの人気者”にされた生き物がいたり、目を見張るような大型水槽があったり、遊園地やゲームセンターや土産物屋が併設されていたりするものではなく、単に薄暗い室内に、そこら辺に普通にいる様な淡水の生き物が、そこら辺で普通に売ってる様な水槽に入れられているだけのものでした。

水道局だったかの試験センターみたいな施設内の、そのまた一角に、ほとんど地元の人間にさえ知られず、ひっそりと存在していた水族館。
係員の人が親切に生き物について説明してくれることもなく、愛想もくそもないオジサンが、入場料の100円(当時の子供にとっては安い金ではないです)を受け取るだけ。
それでも、私はそこが大好きでした。
水族館に何がいたか、もうほとんど忘れてしまっていますが、フナとかコイとかタナゴとか、他にショックンとか、ザリガニとか、ライギョやナマズもいたはずです。

その水族館の何が好きだったのかというと、実は、水族館の“そこら辺にいる様な生き物”が、本当に、そこら辺にいたんです。ザリガニやカメやメダカなどが採れる池や、カエルや雑魚のたくさんいる用水路や、田んぼや川などが、その水族館の近くにあったんです。
私や友人は、まず水族館へ行き、そこの水槽を眺め、「おう! ライギョかっこええなぁ。捕まえたいなぁ」とか「このザリより、もっとでっかい真っ赤なん採ろうぜ」などとモチベーションを上げてから、生き物をつかまえに行ったのです。
当時は今のように何でも手に入るわけではなく、もちろん“初心者用飼育セット”なるものもなく、味も素っ気もない四角い水槽やプラケースなどに、そこら辺にいる生き物を入れて飼っているだけでしたが、私はとても幸せでした。

最近では、当時の私が目を輝かして憧れたような珍しい外国産の生き物でも、(金さえあれば)簡単に飼えるようになりました。
そんな恵まれた環境にいる、今の子供たちに、私の感じた幸せが通じるのかどうかは解りません。それどころか、「ええ? つかまえに行くの? 面倒くさぁ」と言われる恐れさえあります。
それでも、私は、私の好きだった水族館と同じものを、つまり施設としての水族館ではなく、生き物と触れあう切っ掛けになる様な、生き物好きの梁山泊になりえる様な、心の拠所としての水族館を作ってみたいのですよね。


posted by プアマリナ at 14:53| 沖縄 ☔| Comment(16) | TrackBack(1) | 海水魚飼育とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。