2006年01月11日

篠山種族♀(多分…)

逃げ出そうとしてモガキ苦しんでる様に見えますが、特に本人は苦しんでいません(~_~;)
と言って、別に餌をおねだりしている“可愛いポーズ”というわけでもないのですよね。登ろうとしているのは「そこに壁があるからだ!」(ホントか?)

実際、登るでもなく、降りるでもなく、このイモリはしばらくこのポーズでボーッとしてました。ひょっとすると水が冷たすぎたのかもしれません。ヒーター着けてないので…。
飼育者としては、「お、腹の模様を撮るチャンス!」と喜んで撮ってますが、考えると少し気の毒なのかもm(_ _)m

天然下では、もちろんこの時期のニホンイモリは泥中などで冬眠しています。飼育下でも繁殖を狙うには強制的に冬眠させた方が良い様なのですが、我家では昨冬も冬眠させてないし、真冬でも普通にしてたし、今冬の厳寒でも餌喰いはむちゃくちゃ良いし、もともと判りづらい表情した生き物だし…。
ということで、普通に飼ってます。
爬虫綱の生き物なら、これだけ寒いと動けないし、たとえ餌を食べても消化できないはずなんだけど、両生綱の身体って、どうなってるんでしょう。って言うか、同じ両生綱でも、カエルだったら動けない様な気がするが…。


posted by プアマリナ at 13:38| 沖縄 ☔| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。