2005年12月21日

カクレクマノミと金魚の混泳に成功? はあ(-_-メ)

某地方のローカルニュースで流れたネタだそうで、詳細等不明ですので伏せ字で書きますが、ニモの人工養殖成功 → 大量流通 → 値崩れ → 石垣島に放逐という地球にとっての大逆を為した、あのO県の専門学校が、今度はカクレクマノミの淡水化に成功したとかいうそうです。
ニュースを見た人の話では、水槽の中で金魚とカクレクマノミが一緒に泳いでいる映像が流れていたそうです。
金魚と海水魚が一緒に泳ぐ絵というのは、昔からあるトリックなんですけど、それとはまた別なんでしょうか。
一般に多くの海水魚は、徐々に訓化していけばある程度の低比重に順応します。スズメダイ科の魚は、その中でも特に汽水への順応性はあると思います。
他方、鯉や鮒といった魚は、水質の変化にはかなり強い魚で、河川によっては汽水域にも進出していますから、これも訓化していけば、半海水ぐらいの水なら普通に生きているでしょうね。
だから、鯉や鮒と海水魚が一緒に泳ぐという水槽は、別にケッタイなミネラルやらクラスター水やら使わなくても実現可能です。急激に放り込んで鰓を痛めたり、phショックといったことさえ避ければ。
但し、それは当分の間という意味です。どちらかの魚が腎機能障害で死ぬまでの間です。

ところで、この専門学校は実験用のカクレクマノミを売るほど生産していますので、マスコミ用の絵面はすぐに造れます。湧いて出た小魚の100匹や200匹の命ぐらい虫けらほどにも感じていないでしょうから、ひょっとすると多くの犠牲を払いながらも、低塩分に強いカクレクマノミの純粋培養といったことも可能かもしれません。
だから、一概に「トリックだ!」と喚き立てるのも憚られるのですが、私が解らないのは、自然界ならイソギンチャクを離れては一日と生きていられないカクレクマノミを、淡水に順応させて何の意味があるのかということです。もちろん世間に流通する多くの海水魚が命を落とす白点病。低比重での育成が可能であれば無菌(虫)魚の流通が可能になるかもしれませんが、アクアショップの店頭で他の廉価な魚と混泳させた瞬間、元の木阿弥ですからね(^_^;)

一方で、汽水魚とか淡水魚の扱いで流通させるという可能性もありますが、これについても甚だ疑問です。
例の“ニモブーム”以前には、「海水魚は淡水魚よりも難しい」という認識がアクアリストの間には普通にあって、そのために淡水カレイだとか淡水オコゼだとか、元々海にいる種類の魚を淡水魚扱いで売るという風土がアクア業界にはありました。
淡水○○というインボイスネームで売られる魚には、実際に純淡水棲の魚である場合や、稚魚の時に汽水域に進出する海水魚を訓化したもの等、色々ありましたが、その過半はずっと淡水で飼い続けていれば短命に終わるというのが一般です。
淡水(あるいは汽水)に訓化したカクレクマノミの場合はどうなのでしょう。

で、また件のニュースの話に戻りますが、この学校では鯛の淡水養殖ということを実験していて、「山奥でも鯛の養殖が可能になる?」ということが、このニュースの肝であった様です。
養殖魚業界でも海水性白点病の被害というのは甚大ですから、本当に鯛の淡水養殖が可能になるのであれば、それはそれで意義のあることかもしれません。
ただ、そのニュースの絵面として、金魚とカクレクマノミの混泳を持ってくるという、この学校とローカル局の料簡がさっぱり意味不明です。まして、この専門学校は“たくさんの反対意見”など一顧だにせず、カクレクマノミの自然界への放逐を行っている学校です。
もちろん放流個体と淡水訓化個体とは、当然、厳密な管理の元、きっちりと区別しているはずですが、それにしてもです。一方で魚の形質的特徴の改変を行いつつ、他方で同種の魚の放逐を行うというのは、マッドサイエンティストの発想ではないのでしょうか。
私の感覚では、マッドサイエンティストってのは秘密の実験室などでコッソリと地球征服を目論んだりするものだと思うのですが、この学校は頭の○○なマスコミを大々的に使って、また無垢な若者たちの汗と涙まで出汁にして、美談の捏造に余念がないのですよね…。
奇妙な世の中になったものです。
posted by プアマリナ at 12:13| 沖縄 ☀| Comment(8) | TrackBack(0) | 海水魚飼育とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月08日

時至れり?

卜筮など信じない私ですが、占星術では今年はどうやら達成の年に当たっていたということが判明しました。
今年なんて、あと数日しかないのに、今さら判っても遅い!
とは言え、年頭から判っていたとしても何かが達成できた可能性はないのだが(~_~;)

ちなみに来年は乱気
新たなことを始めてはイカンらしいが、赤手で水族館を作るなんぞという大乱を為すには絶好の年であるかもしれないぞ(?_?)

しかし、一個の人間様の人生を、しかも一年毎などという短いスパンで12種類にパターン化されて、納得するわけにもいかないよな、普通。
posted by プアマリナ at 12:21| 沖縄 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。