2005年09月28日

凄い技だ!

3年殺しというのは伝説の技ですが、きっちり3年とはいかなくとも、外から見ただけでは判らない様な巧妙なダメージを与え、徐々に体の内部から弱らせ、ある日突然斃死に至らせるということは、武術の達人なら本当に可能だそうで。
別に「あたぁ! お前はもう死んでいる」の世界だけじゃなくて。現実に。

話は変わりまして、何年も前から、私の知り合いにはオカヤドカリを飼育している人が少なからずいましたが、当時から昨年辺りまでのオカヤドカリの死因などは限られたものでした。脱皮時の管理不足による食殺(死後か生前かは不明)か、餌や水をやるのを忘れたための餓死・乾死。
これ以外の死因はおろか、(POPで脚が取れてるのを除けば)自切でさえ、聞いたことも見たこともありませんでした。
余程の失敗でもしない限りは、ずっと生き続ける生き物です。我家でも最初に買ったオカヤドカリが今でも生きています。だから、ここ何年かオカヤドカリを店で買ったことがありません。
そもそも私の周囲のペットショップでは、売れないからかオカヤドカリは姿を消していましたし…。

ところで、市場で製品がなかなか回転しないと、消費者は良くても供給側は困るので、最初から耐用時間を短くしておくというのは、よく使われる手だそうで、鍋やフライパンなども技術的に“数年間は絶対に焦げ付かない”物が作れるにも関わらず“焦げ付きにくい”物しか売られていないのは、そのためもあるそうです。
メーカーでさえこうなので、販売店レベルでの達人になると、商品を素早く回転させるための“凄い技”をいくつも隠し持っていて、本来なら耐用年数のあるものに巧妙なダメージを与えておき、クレームにならない時期を見計らって壊れる様にすることも可能なんだそうです。
「クレームどころか、客は相談に来おる。そこで親切にアドバイスしてやって、時機を見て新しいのを薦めたったら、すぐまた買うていきおる」
だ、そうで。悪いやっちゃなぁ(-_-メ)

続きを読む


posted by プアマリナ at 14:05| 沖縄 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | モノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。