2005年08月04日

夏休み(なつやすみ)の子供(こども)たちへ「オカヤドカリ(おかやどかり)を飼(か)おう」

子供たちへDeca-Jから抜粋)

なつやすみ あちこちの おみせで おかやどかりが うられているのを みるとおもう。
かわいいなって おもって かいたいなって おもう かもしれないね。
でも おとなたちが おかやどかりを かうことに はんたいしている。
どうしようって おもうよね。
おかやどかりが かわいそうだから かうのは やめようと おもうよね。
だいじょうぶ。
おとなたちは おかやどかりを かうことに はんたいしているんじゃ ないんだよ。
おとなたちは おかやどかりが かわいそうだから おこっているんじゃ ないんだよ。
しぜんの いきものを いえのなかで かうんだから すぐにしんじゃっても ながいきさせても どっちでも おなじ かわいそう。

でもね。
おみせにいる おかやどかりは きみが かっても かわなくても もう もとの しぜんに もどることは できないんだ。
だから かってあげると いい。
だいじに だいじに かってあげてね。
うまく かえても かえなくても いい。
いきものを いきものとして だいじに おもってあげれば いいんだよ。
そして かなしいことが あったときには おもいっきり ないていいんだよ。
そのきもちを わすれなければ きみたちが おとなになったとき おかやどかり だけじゃなくて ほかの たくさんの いきものたちが しあわせに くらしていける ちきゅうに できるんだ。

きみたちは 「いきものを たいせつに かいましょう」と いいながら いきものを たくさん ころすひとや 「あいじょうを こめて そだてて あげなければ いけませんよ」と いいながら おかねのことしか かんがえていない うそつきに なっちゃだめだよ。
おねがい するね。


大人たちへ

こんな簡単なことも解らん大人がいるとは思えないので、説明は省きます。
解ってんなら、とっとと署名して来やがれ(^_^;)

donotkill.gif


posted by プアマリナ at 16:13| 沖縄 ☁| Comment(12) | TrackBack(2) | モノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。