2005年07月26日

続・アライグマは見た目と違って狂暴? はあ!?

私の悪いクセですが、相変わらずの物言いで、“アライグマの駆除に反対することに反対”と書きなぐったままにしておくと、傷つかなくてもよい人まで傷つけてしまうので、エクスキューズを試みてみます。
私はアライグマの防除(駆除)に賛成している訳ではありません。ただ我国の貴重な生態系を守るために、アライグマの防除は必要な措置であるとは思っています。
行政は酷薄だとか、アライグマを安楽死させるのは残酷だとか、言うのは簡単です。反対のための反対を唱えるのも簡単です。
ですが、誰が好き好んで生き物を殺したいというのでしょうか。こうなるまで放っておいたのは確かに行政の不手際ですが、この様な事態を作りだしたのは、一体誰なのか(そもそもアライグマの放逐第一号は動物園から逃げ出した個体ではありますが)。
その問題を“アライグマは見た目と違って狂暴”などと極小化する。あるいはそれに対して“可哀想だから殺すな”と安易に反対する。そこが疑問なのです。

一方で、アライグマを保護しようという活動も存在しています。そのことに関しては、私は賛成も反対もどちらの意見も言うことができません。話題にすることさえおこがましいのですが、行き掛り上、書いてみます。
外来生物法で防除対象になった生き物は、飼育であろうと保護であろうと飼養のためには以下の条件を満たさなければなりません。
飼養する個体は、地方自治体等の防除実施主体から譲渡されたものであること。つまり個人的に捕獲・購入・譲渡しされた物ではダメです。
不妊手術を受けさせたうえで、飼養できる数量の上限を定めなければなりません。
マイクロチップによる個体識別措置を(一頭ごとに)講じなければなりません。
一定期間毎に飼養の状況について主務大臣に報告しなければなりません。
不妊手術を受けさせたものでも、野外に放逐すれば罰せられます。
誤って逃がしてしまった場合は、その個体の防除に関わる費用は、逃がした当事者が負います。
もちろん、民間の保護施設から個人あるいは施設へ里子に出すこと(譲渡し)も禁止されています。
生き物を保護するには途轍もない物理的・経済的な苦痛をともなうものです。その上で防除対象外来種の保護には、上記の様な厳しい条件が付加されるのです。
これだけの犠牲を払って生き物を愛護する人々に向って、私の様な者が何を言うことができるでしょうか…。

外来種問題は、防除する側にも保護する側にも多大な苦痛と労力をともなう問題なのです。
私の様な口説の徒が、安易に批判めいたことを言えるようなことではないのです。
ですが、この口先男にも、この様な悲劇がイタチごっこの様に繰り返されないよう、一つだけできることがあります。
“他人と少しでも違った珍しい生き物を飼いたい”という者や、“変わった生き物を高く売ってぼろ儲け”しようとしている者を指さして言ってやることができるのです。
めっちゃセコイやつ」と。

私が一番セコイ様な気もしますが…。


posted by プアマリナ at 18:58| 沖縄 ☀| Comment(5) | TrackBack(1) | モノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月22日

アライグマは見た目と違って狂暴? はあ!?

悪質な業者によってペットとして輸入され、無知な人間に買われ、無責任な飼主に遺棄されたアライグマが問題になりはじめた頃、作為的に流された噂があります。
「アライグマは見た目と違って狂暴な生き物らしい」

話は変わりますが、私は以前、ペットとして飼われているタヌキに噛まれたことがあります。
可愛らしい姿で座っていたので、頭をなでようと思って手を出すと、ガツッとやられました。私の指先からは血がドクドクと流れました。
このタヌキは“見た目と違って狂暴”だったのでしょうか。
答えは否。タヌキは怯えていただけなのです。ペットとして何代にもわたって飼いならされた生き物ならいざしらず、昨日や今日無理やりペットにされた生き物が、初めて見る人から手を出されれば怯えるのは当たり前。
不用意に手を出した私が悪かっただけで、このタヌキが“見た目と違って狂暴”だった訳では決してありません。

外来生物法の施行等で外来種が世間の注目を集めるようになった今、また囁かれだした噂があります。
「アライグマは見た目と違って狂暴な生き物らしい」
それと呼応するように、たかが立ち上がっただけの(アライグマと近縁の)レッサーパンダが、マスコミ各紙・各局を賑わせました。

勘違いしないで欲しいのですが、私は外来生物法によってアライグマが駆除されることに反対しているのではないのです。むしろ我国の生態系を守るには必要な措置であると考えています。駆除に反対することにこそ反対です。
ですが、アライグマを駆除するより先に駆逐すべき物があると思っています。
それをしなければ、“見た目と違って狂暴”な生き物は、今後も次々と我国を襲うことでしょう。
posted by プアマリナ at 13:01| 沖縄 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | モノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月12日

ちょっとは落ち着こうぜ、旦那。

まーた、やっとるんかい、この旦那。しかも“今回のヤドカリ君に関しては、死着補償はできません”ですと(`O´)
そういう正常な判断ができていても、目先の利益優先はやめられない訳ですか。

ちなみにこのサイズのオカヤドカリが難しいというのは、他ならぬこの私ヤドカリ研究所主席研究員としてのプアマリナが、(正規取扱業者を名乗る不逞の輩ではなく)歴とした甲殻類学者から直接この耳で聞いたことです。もう7、8年前のことですが、どこかに過去ログでも残っているだろうか。
曰く「このサイズのオカヤドカリは貝殻が小さいので保水力も弱く、すぐに乾いて死んでしまうので、キープするのも運ぶのも難しい」

だからこの旦那が“死着補償できない”と言うのは、全く正しい。極めて正しい。
オカヤドカリ飼育情報の第一人者を自認するこの旦那をもってしても、“死着補償”できる程度に成長するまで(んなもん半年もあれば余裕なのだが)キープしておくのが難しいので、さっさとオークションで売っ払っちまおうというのも、さすがだ!
しかし、もう少し視野を広く持てなかったのかなぁ。残念。
天然記念物オカヤドカリの採取規制は、匹数ではなくてトン数制限でっせ。こんな商売が成り立ってしまって、異常に小っこいオカヤドカリばかり市場に溢れる(しかも死屍累々)なんてことになると、さしもの文化庁も重い腰を上げざるを得ませんぜ、旦那。
そうなると業界全体の危機だし、飼育者全般も困ることになるんでっせ、旦那。

まあ善良な飼育者の多くは、「貴重な生態系を守るためなら、今すぐオカヤドカリが飼えなくなっても一向に構わない(十脚目通信調査)」と表明していますが、旦那、業者さんたちはそうではないでしょ?
恨まれますぜ、旦那。
posted by プアマリナ at 11:56| 沖縄 ☁| Comment(2) | TrackBack(1) | 海水魚飼育とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月06日

この手があったか!

黒瀬川あ♪ 流れる海辺ぇ♪って、そこ危いってば(^_^;)
下手にゴムボートにでも乗ったら、ジョン万次郎だって。最近はアメリカは鯨採らないみたいだから、彼のように助けてもらえる可能性も低いしねぇ。
だがしかし、黒潮調査。金が足らなきゃ命を的に筏で…なんて考えていたけど、世の中にはこういう方々もいたんですね。忘れていました。

プ:「メンバー集合! シーカヤックで黒潮調査に漕ぎ出すです!」
メ1:「まさか、海辺に落ちてる流木をくりぬいて作るとか言わんよな?」
メ2:「丸木舟とカヤックの違いぐらい判っとるよな?」
プ:「……(-。-;)」
メ3:「で、ルソン島まで行くときはどうすんの?」
メ4:「おやつは300円までですか?」
プ:「メ、メッ、メンバー解散! 次の指令を待てぇい!」
メ5:「バナナは……」
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。